プロジェクションマッピング依頼

プロジェクションマッピング

 

プロジェクションマッピングとは

プロジェクションマッピングとはプロジェクターを使用し従来のスクリーンではなく立体物(建物の壁や楽器、家具)などに映像を張り合わせることが特徴です。

弊社では和楽器(リアル)に映像(バーチャル)を組み合わせお互いが持つ魅力を組み合わせエンターテイメント性を高めたパフォーマンスを実施することが可能です。

今世界中で注目されているプロジェクションマッピングをイベント・パーティーなどで活用してみましょう!


 

プロジェクションマッピングの費用について

プロジェクションマッピングってすごい高額なイメージをお持ちの方も多いかもしれません。

はい。。。。その通りです。

まず映像制作費用:実施する長さ(時間)や投影するサイズ、投影するものによって映像の制作期間が大きく変わります。

プロジェクションマッピング

そしてプロジェクターレンタル費 プロジェクションマッピングに使用するプロジェクターは10000ルーメン(明るさ)以上のものが多いです。野外や会場を暗くできない場所などは20000ルーメン(明るさ)以上のものを使用します。ちなみに皆さんが家庭で使っているプロジェクターは2000ルーメンから3000ルーメンが多いですです。大型のプロジェクターは新品で購入すると1000万円前後が相場です。レンタルでも一日20~40万円前後です。

また投影するものが建物や壁などの場合何度か投影する場所にいき投影距離やサイズなど細かく下調べする必要があります。実施日にプロジェクターを設置してすぐ本番なんて基本ありえません。最低でも一日前に会場に入り設置、リハーサルなどをします。よって会場費などかかる場所では一日多く使用料を支払う必要がありプロジェクターレンタル費用も二日間になります。

例えば会社のビル(3階建て)に一日(夜)会社PR映像をプロジェクションマッピングで投影したいと依頼が来たら。映像制作費用80万円(3分間)+プロジェクターレンタル費用(2台)30万×2台×2日間=120万円+実施スタッフ人件費+設置費40万円 計240万円 映像の規模やプロジェクター設置位置とかにもよりますがこのぐらいの金額はかかります。

もちろん弊社でもこの規模のプロジェクションマッピングは可能です。

が。。。。。。。。。


 

プロジェクションマッピング費用

 

コストを下げれるだけ下げてみる

弊社のお問い合わせの多くがホテルや会議室、イベントホールなどでおこなわれる企業イベントです。規模にもよりますがイベントの演出の一部として300万円前後のご予算をかけるところはあまり多くはありません。

しかし他のイベントとは違うことをやってみたい!いつものアトラクションはもう飽きてきた。などのお話をよく聞くことがあります。

そこでとことん予算を下げてしかもクオリティーは下げない方法で実施することにしました。

1

映像制作費→お客様からのイメージや要望を伺い弊社所有の映像素材を使用します。

2

プロジェクター費用→弊社所有のプロジェクターを使用いたします。6000ルーメン前後のプロジェクターを使用することで価格を抑えることができます。会場の明るさを工夫することで対応いたします。

3

設置日程→設置から本番まで3~4時間で行います。会場費のコストカット、人件費の削減など

結果35万円から60万円程度で実施可能になりました。

上記の機材や映像ではない場合別途予算が必要になることはありますが、従来の金額から約70%OFFは出来ました!


 

例えば企業セミナーのオープニングパフォーマンス

プロジェクションマッピング

もともとセミナーで映像は使用(中央スクリーン映像)しています。その前に和太鼓が一台あります。普通のオープニングだとこのまま会場を少し暗くしてステージ上で和太鼓を演奏します。

この場合会場にきているお客様にも簡単に想像つきますね。「たぶんこれから和太鼓の演奏あるんだなー!」

 

いい意味で期待を裏切る

プロジェクションマッピング費用

会場を暗くし和太鼓の迫力満点の演奏と共にプロジェクションマッピングがスタートします。お客様はついさっきまで見ていたステージとの変わりように驚きいい意味で期待を裏切ります。

もともとあるスクリーン、ステージ上の壁、和太鼓の打面に映像を投影することで立体感がでます。また和太鼓の演奏にリンクして打面の映像が動きます。

実際の映像はこちら

和太鼓が元々持つ大音量!そして演奏者の気迫の演奏!それを誇張する映像!このバランスがとても大切です!

 

箏(琴)のウェルカム演奏も

プロジェクションマッピング依頼

左側の写真はよく弊社でもお問い合わせがある会場にお客様が入られるときのウェルカム演奏です。会場の明るさを暗くし和傘と金屏風に映像を投影します。

もちろん主催者様の会社ロゴやパーティー名(例えば 〇〇会社 50周年 PARTY)なども投影することが可能です。

特に外国人が多いパーティーなどでは皆さん写真を撮ってSNSなどにUPしてるのをよく見ます。

 

実際の映像はこちら

 

そのほかの過去の事例はこちら

クリックすると詳細が見れます

事例1:大太鼓×プロジェクションマッピング

事例2:企業パーティー和楽器エンターテイメント+プロジェクションマッピング

事例3:大太鼓2名×プロジェクションマッピング

 

実施日までの流れ

■お問い合わせ後お客様からイメージをヒアリングします。

■お見積り

■会場下見(1時間程度)実際の投影する会場に行き距離など正確に測ります。これはお客様が帯同しなくても問題ございません。

■イメージ映像 お客様に実際当日おこなうプロジェクションマッピングのイメージ映像(合成)をご覧いただき最終調整いたします。

■本番当日 設営には3時間から4時間ほど必要になります。また控室、食事、駐車場などはお客様にご用意していただきます。


まずはお問い合わせを

お手数ですがお問い合わせフォーム備考欄にプロジェクションマッピングとご記入ください。

料金の目安目安お問い合わせ2

プロジェクションマッピングの依頼、イベント依頼、制作は音通堂にお任せ下さい。

Copyright© on-tsu-do All Rights Reserved.

〒134-0085 東京都江戸川区南葛西2-2-8 702
電話:03-6875-4541(代表) Mail:info@on-tsu-do.com