2018年03月08日

イベント演奏 モニタースピーカーの重要性

三味線と和太鼓など楽器同士の音量の差があるときや、お客様歓談中の演奏など演奏者が自分の音を聞き取れないと判断した時はモニタースピーカーの導入を指定する時があります。

モニタースピーカーって何?

 

イベント演奏ではあらかじめステージのある場所で演奏するとは限りません。
多くのホテルはどのようなレイアウトにも対応できるようにポータブルステージを組みます。

 

お客様が演奏を楽しむときは「お客様用のスピーカー」が会場にあり、そこから流れてくる音を楽しんで頂きますが、
それが必ずしも演奏者に向けられているわけではなく、実は演奏者は自分が演奏している音が聞き取りずらいことが多いのです。

 

演奏者が自分の演奏の音をよく聞き取れないと、当然ですがパフォーマンスが下がります。
そこで、演奏者が自分の音を確認するための「演奏者のためのスピーカー」を用意する必要があります。それが「モニタースピーカー」です。
「返しのスピーカー」なんて言ったりもします。

 

モニタースピーカーは大きく分けて2種類ある

 

演奏者の足元にスピーカーを設置する「フットモニター」タイプと、ステージのサイドから内側を狙ってステージ全体に音を響かせる「サイドモニター」タイプがあります。

 

フットタイプがこれ

 

サイドタイプがこれ

これらは演奏スタイルやステージ構成などの条件によって使い分けます。両方ある時もあります。

多くの会場ではオプション設定

 

モニタースピーカーは会場レンタルのパッケージに入っていないケースが多く、オプション料金での取り扱いとなるようです。
そのオプション料金は会場によって様々ですが、モニタースピーカー単体の料金は数千円程度が相場です。
しかし、モニタースピーカーを導入した場合は操作できる音響専門スタッフをセットで呼ぶ必要があるので、スタッフ人件費がプラスされる場合があります。
そうすると音響周りの料金が数万円追加される場合があるんですね。

 

音通堂の音響パックはメッチャ楽

 

ステージ構成によってモニタースピーカーが必要な場合はもちろん打ち合わせの段階で提案します。
しかし、必要とわかってから会場サイドと打ち合わせをするのに、どうも専門用語がたくさん出てきてうまく説明できないと心配される方もいます。
イベントはテクニカルな専門スタッフの下支えで成り立ってますからね!
そんな時は音通堂が音響機材や専門オペレーターをまるっと持ってくる場合があります。
これはとても楽ですよ!しかも安い!

 

 

Copyright© on-tsu-do All Rights Reserved.

〒134-0085 東京都江戸川区南葛西2-2-8 702
電話:03-6875-4541(代表) Mail:info@on-tsu-do.com