2018年02月25日

イベント企画や制作の重要性

よくイベントやパーティーには制作会社が主導してなされるものと、そうでないものがあります。
製品発表会や外部からお客様を沢山招くようなイベントは制作会社に依頼される方も多いと思いますが、自社内のイベントは自前のリソースのみで執り行うところもあるのではないでしょうか?

タイムスケジュールを予定通り進行できるか

 

ある程度の時間の余裕を持って会場を押さえた場合、だいたいの進行だけ決めて準備したものの、いざ当日になると全然予定通り進まないなんてことは良くあります。
多少時間が前後しても大丈夫だろうと思っていると、気づけば終わりに近づいて予定の項目を消化しきれない、、、でもなんで?てなるんですね。
これはタイムキーパーや舞台監督がいないと起こってしまう現象で、事前に予定していたこと以上に想定外に時間を食ってしまうことに起因しています。
(ステージの転換やスピーチ要人探しなど)

 

テクニカルスタッフが一枚岩か

 

せっかく音響機材も照明機材も、ステージもちゃんと揃っているのに事前の打ち合わせが詰まっておらず、皆バラバラでいいものが生まれないってことも良くあります。
これはテクニカルに対する知識不足によってどの程度打ち合わせを詰めればいいのかがわからないといった原因が考えられます。準備不足なんですね。
やはりアトラクションやスピーチ、スクリーン上映など項目が沢山あるようなパーティーには機械を動かすスタッフとの綿密な打ち合わせが必要です。

 

音通堂の打ち合わせ対応

 

音通堂が制作の依頼を受けたときはもちろん、演奏者派遣のみの案件の際も、必ずタイムスケジュールとテクニカルについては打ち合わせをします。
クライアントがあまり把握していない場合は会場の担当者に会いに行って下見も兼ねて打ち合わせをしたりします。
そこで疑問に思ったり是正点が必要な場合は適宜クライアントへ提案を行います。

 

 

Copyright© on-tsu-do All Rights Reserved.

〒134-0085 東京都江戸川区南葛西2-2-8 702
電話:03-6875-4541(代表) Mail:info@on-tsu-do.com