2019年08月30日

訪日外国人(インバウンド)の団体さんは自由な時間が少ない

8月後半ということでだいぶ涼しくなって参りました。
さて、本日は訪日外国人の中でも団体でいらっしゃる方についてのお話です。

訪日外国人の団体さんってどんな人?

今年もいっぱい日本に訪れている外国の皆様ですが、旅行でいらっしゃる方は個人で訪日される方が増えている傾向にあるそうです。一昔前は団体バス2台が銀座の薬局の前に止まり、バスから一斉に大きなスーツケースを持った人たちが薬局を占拠して商品を買い占めるなんて光景を道すがらみかけたものですが、あれっていまだにあるんでしょうか?

 

とはいえ、「団体で日本に来る方たち」自体はもちろんいます。
それは、どちらかというと旅行目的ではなく、「ビジネス目的」であるというケースが多いということです。

 

ビジネスで日本に来る外国人

ビジネスやお仕事関連で日本に来る団体さんはたくさんいます。その目的も様々です。
例えば、日本で大きな医学会があるとか、日本に本社がある企業の海外支社の方が研修で来るとか、ビッグサイトでIT関連の展示会があるとか、そんな方たちです。

 

団体さんは忙しい

そんな団体さんたちは日本に滞在している間、とても忙しいのです。
指定されたホテルにて朝食を済ませたら、すぐに団体バスで国際展示場や会議室にいき、夕方まで缶詰でお仕事やセミナー、研修をされます。そして夕方それが終わったら今度は指定された会場に移動して懇親会や食事会やパーティーが行われます。
一通り食事を済ませれば21時を回ります。
そして団体バスで一斉にホテルに戻るのです。
中にはホテルについてから街へ繰り出す元気な方もいるでしょうが、次の日の朝のことを考えるとせいぜいホテルのラウンジで1杯飲み直して就寝、という方も多いでしょう。

 

せっかくはるばる日本に来たのにもったいないよね

アジア圏の方ならまだしも、ヨーロッパやアメリカ、アフリカ大陸から来られる方にとって日本は近い場所ではありません。
滞在中、この神秘の国ジパングの文化やエンタメに触れて思い出にして帰国してほしいじゃないですか。
しかし団体で来られる外国人の方たちは本当に忙しいのです。
アニメやゲームのグッズが好きなお医者さんもいるかもしれません。しかし中々アキバをぶらぶらする時間がない。
着物着たりお茶体験したり公道をコスプレカートしたい人もいるけど中々実現できない。

 

パーティーや懇親会に和楽器や和の文化体験を導入しよう!

なので、懇親会やパーティーの最中に三味線や箏の演奏を聞いてもらったり、太鼓演奏を体験してみたりっていうのは忙しい彼らにとって貴重な時間なのです(のはず!)。
音通堂はこの部分で外国人の団体さんに貢献したいです。
箏の演奏も始まりは宴会中の座敷で演奏されてましたし、太鼓は祭りのにぎやかしです。つまり懇親会やパーティーにはうってつけのコンテンツなのですよ!

 

旅行会社の方からのお問い合わせが最近は多い

多分団体さんのスケジュールやホテルを管理している旅行会社の方、国際学会やイベントを運営している企業の方も同じことを考えているはず。特に旅行会社の担当者様からは「懇親会で和のコンテンツを考えている」というお問い合わせを最近多く頂戴します。
もちろん音通堂はこれまでの膨大な経験をもとにお客様に合ったプランを提案させていただきますので、ぜひ引き続き懇親会やパーティーでの演出について和のコンテンツを導入することを考えてほしいなと思います。

 

 

 

Copyright© on-tsu-do All Rights Reserved.

〒134-0085 東京都江戸川区南葛西2-2-8 702
電話:03-6875-4541(代表) Mail:info@on-tsu-do.com