2019年02月12日

演奏家派遣のおすすめ

3月にイベントやパーティーを企画している方も多いのではないでしょうか?
イベントに楽しさやラグジュアリー感、華を添えたい場合は生演奏が定番です!
ただし、生演奏であればなんでもいいというわけではありません
そこで、「どんな生演奏だとパーティーにマッチするのか」、「どんな生演奏だとNGなのか」を簡単に紹介したいと思います。

 



オープニングや乾杯、鏡開きには派手さと迫力重視で!

 

 


これから何かが始まるぞ!といった雰囲気を演出するには太鼓や三味線の迫力ある演出がおすすめです。
弦楽四重奏や箏尺八の演奏はオープニングの演出にはあまり向きません。
パーティー開始時刻にお客様もだいたい集まっているなか、司会者が「えーそれではこれより…」なんて始まることがありますが、これでは中々お客様がステージに注目してくれません。「ドドン!」「ベベベン!」と迫力ある音を出してお客様の注目を集めましょう!

 


 

お客様同士の歓談中には箏や尺八などの雅な音楽を!

 

 



対照的に、一通り要人の挨拶や乾杯などが終わった後の料理やお酒の歓談タイムではしっとりとした比較的静かな箏や尺八のBGMがおすすめです。せっかく久しぶりに会ったお客様同士が歓談している時に、ビジネスが発展するかもしれない相手と名刺交換をしている時にステージで太鼓をドカドカ演奏されたらうるさくてたまったものじゃありません。
お客様同士の会話を邪魔しない、箏や尺八の演奏が最も適しています。
弦楽四重奏やピアノ演奏もありですが、ここは日本。外国人のお客様がいる場合は特に、「特別な場所」を演出してあげることによってその場の高級感も一気に上がり、ビジネスのお話がより捗ること間違いなしでしょう。

 



演奏家は誰でもいいわけじゃない

 

太鼓や箏、尺八演奏者はその絶対数が少ないせいか、プロと称した素人も沢山紛れています
せっかく太鼓の演奏を楽しみにしていたのに聞いてみたら全然カッコ良くなかった、なんて経験ありませんか?
プロかアマかなんてのは自称の域を出ませんが、ちゃんとした演奏家を呼ぶのであれば目利きが重要になってきます。
同じ演出でも演奏家によってパフォーマンスは全然変わってきます。
ちゃんとお客様を意識した構成を取っているか、時間や挨拶、マナーなどの最低限の行動を取れているか、予想を上回るパフォーマンスを見せることができるか、マネージャーはちゃんと帯同しているかなどをチェックしてみてください。

 

Copyright© on-tsu-do All Rights Reserved.

〒134-0085 東京都江戸川区南葛西2-2-8 702
電話:03-6875-4541(代表) Mail:info@on-tsu-do.com