2019年05月31日

余興をより価値の高いものに! 事前準備でこんなに違う余興のあれこれ

「彼を知り、己を知れば百戦危うからず」

 

という孫子の兵法の有名な一文ですが、これは余興やイベント・パーティーにも言えることで、ざっくり言ってしまえば「とにかく準備しよう!」ということなのです。

 

余興をするための準備はたくさんある

といってもクライアントはそもそも何を準備すればいいのかわからない、といった場合もあります。
だからこそ音通堂が全て準備します。もしくは準備してほしいものを提示致します。
つまりこの「準備」というのは我々音通堂の話。

準備その1:クライアントが求めているコンテンツを知る

 

お問い合わせの段階で「三味線2名で演奏してほしい!」とか「和太鼓と書道をコラボしてほしい!」といった具体的なイメージがなくても大丈夫です。余興なのかオープニングの演出なのか、迫力感や荘厳感などのイメージはどうか、どんな客層を満足させたいのか、何人くらいの規模なのかなど、様々な事情を知った上で最適な提案をさせて頂きます。

準備その2:会場の環境を知る

 

会場によって常設備品の量や質はもちろん変わってきます。
かなりセンシティブな音響機材が必要な演奏をする場合は細かい操作が可能な音響機材があるかどうか。派手な演出をしたい場合はしっかりとした照明設備があって操作できるスタッフの方がいるかどうか。リハーサルをする時間を取れるかどうか。ステージのサイズや高さは確保されているかなどを事前に確認します。

 

準備その3:演奏者・パフォーマーとゴールを共有する

 

打ち合わせに演奏者本人が居合わせることは基本的にありませんので、演奏本番に対して決まったことや流れの説明、出してほしい雰囲気などをしっかりと演奏者本人に伝える必要があります。
意外とここで運営と演奏者に情報の齟齬が生じたりします。
余興の運営をする人は楽器や音楽のことに知識がある人とは限らないので、どうしてもイメージがズレてしまうことがあります。
しかし、運営も全員がミュージシャンの音通堂にはこうした心配はいりません。
ガチガチに進行を決めて作り上げたほうがいい場合と、演奏者にある程度自由に選曲、演奏させたほうがいい場合を見極めて判断し、演奏者やパフォーマーに指示を出します。

 

準備その4:会場入りしてから本番までの流れをコントロールする

 

どんな演奏者でも本番当日は気合が入っています。
中途半端な準備で適当に終わらせるような演奏者は少なくとも音通堂にはいません。
なので、当日の演奏者のマインドは通常よりも神経質になりがちです。
私もイチミュージシャンとして経験がありますが、例えば大型ショッピングモールや複合商業施設で演奏する場合はどこから入ればいいのかわからなくて右往左往しているだけでストレスになったりします。
搬入口や控室までの経路、タイムスケジュールの確認などをしっかり頭に入れてクライアントと演奏者の間に入り、細かいところをマネジメントしていきます。

 

準備その5:失敗やアクシデントに備える

 

どんなに綿密な準備をしていても上手くいかないことが突然起こるのが人間の業というものです。
照明機材の使いすぎで会場の電源がショートしたりとか、少し配線を引っ掛けて線が抜けて音が出なくなったりとか、予定していた時間と全然違うスケジュールで演奏せざるを得なくなったとか、このような経験はいくらでもあります。
なので気合を入れて本番に臨む姿勢はもちろん必要ですが、何事にも動じない冷静な側面も必要です。

 

準備は日陰の仕事

 

誰からも見られず評価されづらいのが準備段階の負の側面ですが、ステージでライトを浴びるミュージシャンですらその何倍もの時間を事前の準備に費やしています。
そして準備に費やした時間は確実に結果につながることを我々は知っていますし、これらをもとに蓄積された経験は財産になります。
クライアント各位にはこの経験を活かしてこれからも良い提案ができればいいなと思います!

 


 

2019年05月28日

クライアントの雑務を少しでも軽減させたい! Youtubeのパワー

音通堂は企業のイベントや発表会、表彰式、懇親会、パーティーを中心に出張演奏として一流の演奏者たちの生演奏を体験してもらうという取り組みをしていますので、お客様の大半が企業です。いわゆる「BtoB」ですね!

ある日突然懇親会の担当幹事に任命される

 

しかし懇親会やパーティーを専門に取り扱う社内部署なんて普通ありません。
なので一般的には総務や広報の方の中から臨時的に任命されます。
ホテルを押さえ、来客者リストを作成し、料理や時間のことを打ち合わせしたりと様々な雑務があります。この大変さはやった人であれば絶対わかるはずです。専門の業者があるくらいですからね!

 

中でも余興や演出という「エンターテイメント」の話になってくると、もう専門外すぎて手がつけられない方が多いのです。
どんな演出をすればいいのか、どれくらいの費用がかかるのか、何を用意すればいいのか、そもそもこの演出は盛り上がるのか、この余興は楽しめるのか、などなどわからないことだらけです。

 

Youtubeの活躍

 

音通堂Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC3jWW2ZTp9CnBthoqeQ0nAw

 


ご縁があって音通堂に余興やオープニング演出の依頼をして下さった方からは、まさにそんな手探りな状況が電話やメールからひしひしと伝わって来るのです。私達も必死に説明します。
でもやはりエンターテイメントの効果を口で説明するのには限界があります。
太鼓の迫力や津軽三味線の超絶技巧を口だけで説明出来たら、もうその人は詩人です。

 

というわけで百聞は一見にしかず!
お客様にエンターテイメントの提案として動画を見て頂きます。
やはり動画の力は偉大ですね。打ち合わせがスイスイと進んで行きます。

 

といった形でクライアントとのイメージの共有を目的としてステージ演奏を録画してYoutubeに載せたのがきっかけで、「音通堂Youtubeチャンネル」はスタートしました。

どうすれば「伝わる」か

 

なのでチャンネルの登録者数や再生回数の数字は一切追わず、しかしながらステージがあれば出来るだけ録画するようにして事例を増やし、クライアントのイメージに合う動画が紹介出来るようにせっせとやってきました。
動画作りって大変なんですよ!5分の動画を編集するのに6時間くらいかかります。慣れた作業でもそれくらいです。

 

しかも音通堂はスタッフの時間さえ許せばたとえ1名の演奏でも2名のスタッフが現場へ帯同します。
演奏者周りのケアや不測の事態に臨機応変に対応するマネジメント的側面もありますが、カッコイイ動画を撮影するという使命もあるのです。

 

三脚にカメラを固定して定点で撮った動画を流してもクライアントには雰囲気こそ伝わる可能性あれ、臨場感や迫力は伝わりません。なので人間が実際被写体を追って撮影し、それをうまく編集する必要があるのです。
そうやって作った動画をカテゴリ別に分けてアップロードし、打ち合わせの初期段階などに活躍させていきます。

 

そうやって撮り溜めてきた動画がなんと400本以上!これは我ながらすごい数字だと思います。
これだけあればクライアントに様々な提案も出来るし、イメージの共有に役立ちます。

世界中の和楽器ファンが訪れるように

そんなクライアント向けのチャンネルですが、動画をアップしているとちょくちょくと外国人の和楽器ファンがコメントを書いてくれることがあるんです。
そして彼らがチャンネル登録をしてくれたりして、気づけばもう少しで登録者数が1,500人になろうとしてる!
これもびっくりです!
もちろん何千何万と登録者数を誇るチャンネルに比べればごくごく小さい数字だと言われますが、とても励みになります。

 

基本的にはただ演奏ステージを記録したものをアップロードしていますが、和楽器ファンの方たちにも喜んで頂ければ嬉しいです。

 

2019年05月13日

イベントを総合プロデュース!「和」という選択肢

多くの実力派奏者を揃えて数々の実績を積み上げた音通堂も来月で8期目を迎えることになりました。
10期が見えてきました!
継続は力なり。いままで支えて頂いた多くの諸先輩には僭越ながらこれからもご指導ご鞭撻頂ければなによりでございます。

宴席の膨大な準備に悩みはつきもの

 

演奏者の出張演奏をメイン事業として続けて来ましたが、イベントや宴会というものは案件ごとに様々な悩みや要望があり、どれひとつとっても一緒の案件などというのはありません。

 

楽器奏者をお願いすることは決まったけれど音響に関する知識がない。
照明をかっこよく演出したいけど誰に頼めばいいかわからない、料金も見当もつかない。
どのようなオープニング演出をすればいいのか社内で意見が別れている。
そもそもなにを会議にかけたらいいのかわからない。
外国から大切なゲストを招くので失敗したくない。
VIPが来るので印象あるイベントにしたい。
などなどなどなど。。。

 

僕たちはなんでもできるっ!

 

そんなお悩みやご要望を聞いているうちに、「あれ、これって全部音通堂が解決できるじゃん!」という自分たちの秘められた潜在能力に気づき(笑)、なんなら進行や音響照明管理、タイムキーパーや会場レイアウト、装飾も全部やりましょう!ということでイベントを総合プロデュースさせて頂いたこともありました。それが成功すると実績やノウハウになり、クライアントのお悩みを解決するためのアンテナがより鋭くなった気がします。

 

特に最近はインバウンド(訪日外国人)関連の宴会やイベントが多いですよね。
せっかくはるばる日本に来てくれたのなら、印象にのこる最高の思い出を持ち帰ってほしいと思うわけです。

 

宴会や式典をエンターテイメントに!

 

演出やテクニカルも含めて和の演奏や進行を任せて貰えれば、クライアントには大きな利益があります。
例えば、制作のみをやっているイベント会社に依頼せずに済むので、大幅なコストカットが可能です。
クライアントは会場取りと料理の選定、当日の受付だけを行えばいいわけです。
指揮系統が一括なので最低限の打ち合わせ日程でイベント自体が統一感のある非常にハイクオリティなものに仕上がります。

 

こちらのリンクはそんな音通堂の総合プロデュースの事例紹介ページです。
http://on-tsu-do.com/past_performance/1231


 

Copyright© on-tsu-do All Rights Reserved.

〒134-0085 東京都江戸川区南葛西2-2-8 702
電話:03-6875-4541(代表) Mail:info@on-tsu-do.com