2018年04月25日

生演奏 料金

GWも近づいてきましたね!
今日は「生演奏を依頼したいんだけどどれくらいお金がかかるかわからない」という疑問にお答えしようと思います。

 

 

生演奏の料金は人数と演奏者のキャリアによって変動することが多い

 

一般的にパーティーで生演奏する場合は2種類あります。
アトラクションとして演奏を見るか、お客様歓談中のBGMとして演奏を聞くか、この2つです。
アトラクションの場合は企画内容によって様々ですが、お客様が200名までなら演奏者2〜3名であることが多いです。
BGM演奏は1〜2名の時が多いです。
1名呼ぶと演奏料としておおよそ5〜10万円ほどかかりますが、有名人を呼べば50万円くらいかかる場合もあります。

 

皆んなどれくらい予算を使うの?

 

音通堂が今まで派遣してきた中で一番多い編成は2〜3名の編成です。
こちらは金額にして20〜30万円あたりですが、演奏者の食事や控え室、備品を用意するとおよそ演奏料プラス20%くらいをみているクライアントが多いです。
和楽器演奏の場合は2〜3名の編成であればほぼ完璧にお客様を盛り上げることができます。
外国人のお客様が多いパーティーでは和楽器はやはり人気で、津軽三味線の迫力を体験したり、和太鼓を実際に叩いてみたり、毎度高い評価を得ています。
洋楽器の生演奏の場合は少なくとも4名くらいの編成が必要になることが多く、そういった意味では洋楽器を呼ぶのと和楽器を呼ぶのは全体の予算から言っても大差ありません

音通堂のわかりやすい料金システム

 

音通堂は所属している演奏者全員が一流であるという認識ですので、演奏者の知名度や演奏技能によって料金が変動することはなく、
また、楽器の種類にかかわらず全て一律料金となっています。
演奏時間によって3種類の料金設定をしています。

 

演奏にまつわる悩み事も一緒に解決しよう!

 

レストランで演奏してほしいけど音響機材がないとか、ステージはあるけど照明がなくて寂しいとか、そういった相談を受けることもよくあります。
ステージに関わることは全て音通堂の機材や人材で解決できますので、どんな小さなことでも相談してくださいね!

 

料金の詳細はこちら
http://on-tsu-do.com/menu

 

2018年04月02日

イベント 演奏依頼

新年度の幕開け!
今日もいい天気ですね!
本年度も音通堂はお客様がびっくりするような企画盛りだくさんで突っ走って行きたいと思います。

最近のイベント演奏の動向

音通堂も気づけば6年以上になりますが、この長いようで短いスパンの中でもお客様が求めるイベント余興の演奏のスタイルは変化していると感じます。
例えば、昔は「歓談中に30分用意したから三味線弾いて!」みたいな依頼が多かったのですが、最近は「オープニングの演奏と歓談中の演奏に和楽器を入れたい!」
といったような、イベントをトータルして演奏依頼をされる方が多いです。

 

最近人気のアトラクション、余興演奏

 

一時期外国人のお客様のパーティーでの演奏が多かったイメージがありましたが、そんな外国人の「和楽器好き」に触発されてか、日本人パーティーに呼んで頂くことも多くなりました
元々日本人のお客様向けに始めた会社なのでとても嬉しいのですが、日本人にしろ外国人にしろ人気が高いのは「和太鼓と津軽三味線」の組み合わせです。
オープニングは和太鼓と津軽三味線のコラボでド派手に、乾杯の時は和太鼓で拍手を煽り、歓談中はお客様の会話を邪魔しない音量で三味線の演奏を楽しんで頂くといった具合です。

和楽器がイベントの価値を上げる

 

よく弦楽四重奏の生演奏がフレンチのコース料理の最中に聞こえてくるといった演出を目にする方も多いと思いますが、ここ日本においては和楽器の方が高い付加価値を提供できます。
それは、演奏者の絶対数が圧倒的に少ないことが挙げられます。
もちろん余興のみの演奏依頼も大歓迎ですが、せっかくなのでイベント全体の価値が上がるような演出を考えてみてはいかがでしょうか?
バンバン提案させて頂きますよ!

 

Copyright© on-tsu-do All Rights Reserved.

〒134-0085 東京都江戸川区南葛西2-2-8 702
電話:03-6875-4541(代表) Mail:info@on-tsu-do.com