2018年05月10日

外国人にオススメ! パーティー演奏

雷の後の晴れ間なんてまるで夏の天気なのにすごく寒い今日このごろです。

 

今日はパーティーやイベントに外国人がたくさん参加されている場合、どのような余興がいいのかを紹介したいと思います。



外国人が参加するパーティーはとてつもなく増えている

 

 

業界の集まりや学会、セミナーの懇親会などで多国籍の方たちが集まることは多いですよね。
せっかく外国人がはるばる極東の島国まで足を運んでくださったのですから、ちょいと日本の伝統文化を楽しんでいってほしいものです。
もちろん和楽器演奏を楽しんで頂きたいですが、パーティーのスタイルも日本式と外国式では大きく異なるので、ストレスなく食事やお酒を楽しんでもらうために工夫が必要です。



スピーチなんてほとん
ど必要なし!儀式も必要なし!

 

 

外国式のパーティーは「気づけば始まっていて、気づけば終わっている」スタイルが一般的です。
日本式のような司会者さんが進行しながら偉い人のスピーチを何人も聞きつつ目の前の料理へおあずけを食らうことはあまりありません。
集まったら即食事!酒!
司会者さんがいないこともよくあります。
しかしそれではパーティー自体がダラダラしてしまいます。
そこで和楽器演奏を取り入れ進行がわりにし、パーティーそのものをグッと価値の高いものに変えるのです。

 



知的好奇心の高い欧米人には箏や尺八がオススメ!

 

 

箏と尺八はとても歴史の長い編成です。会場が一瞬で雅な雰囲気になりますし、お客様どうしの会話を邪魔しない丁度いい音量で、パーティーにはうってつけです。
ただ、この編成は盛り上がりや迫力を求めることはできません。
せっかく和楽器を呼んだのにあまり盛り上がらないのもどうか、、、と思いきや、知的好奇心の高い欧米人の方々は食い入るようにみつめ、ガンガン写真を撮ってSNSにアップします。
女性の着物姿は大変人気ですし、欧米人は歴史の深いものを尊敬する傾向があるみたいですね。

 



ド派手が大好きなアジア人の皆様には和太鼓や津軽三味線がオススメ!

 

 

打って変わってアジア圏の人達はどんちゃん騒ぎが大好き!太鼓の演奏で皆んなで手拍子を打ったり、実際に太鼓を体験したり、三味線の迫力を感じたりするのがお気に入りのようです。
お酒の飲み方も欧米人のそれとは違い、とにかく最短で酔っ払うためにガンガンアルコールを体に入れていきます。
そんなとき和太鼓や津軽三味線はさらにお客様の気分を高揚させることができます。

 


今夜はパーティーノリ?クラブミュージックとのコラボレーションも人気!

 

 

DJを呼んでノリノリな音楽をかけながら三味線や尺八の演奏を楽しんでもらう企画も人気が高いです。
立食パーティーには最適です。
もちろん、流れる楽曲は音通堂オリジナルなので著作権の心配もありません。
ついでにダンサーも一緒に手配しますので、レッツダンシン!!

 

 

 

2018年05月06日

イベントパーティーに和の演奏を!

イベントに和の演奏を!

 

ライブ、物マネ、大道芸など、イベントやパーティーには様々な催し物がありますが、和楽器の演奏を体験したことはありますか?
このページでは、和楽器の出張演奏に特化した音通堂が今までに400例に及ぶパーティー演奏を実施してきた結果、最も人気でおススメの4つの編成を紹介いたします

 

こんな

・企業の製品発表会やリリースパーティー

・企業の周年記念行事、式典

・外国人を招いた企業のリレーションパーティー

・国際的な学会やセミナーの懇親会

・官公庁、第三セクターが実施するイベント

・大切なお客様を招いた小規模パーティー

・富裕層をターゲットにしたパーティー

などなど

 

名称未設定-2

■こんな方におススメ!


・イベントに華をそえたいがどうすればいいかわからない

・いい演奏を見たい(聴きたい)があまり予算がない

・いい演奏を見たい(聴きたい)がどんな人を呼べばいいかわからない

・いつもと違う演出でお客様を楽しませたい

・外国人のお客様に日本らしさを感じてほしい

 

ご紹介4

 

津軽三味線二重奏

■津軽三味線二重奏 男性/女性

・迫力ある日本の伝統芸能を体感することができます。想像以上の音圧!
・オープニングでもアトラクションでも、どんなシチュエーションにも対応可能!
・トークを含めたアットホームなライブも可能!
・音量制限があって和太鼓の演奏が出来ないとき、それに次ぐ迫力を演出できます!




 

 

和太鼓三重奏

■和太鼓三重奏

・とにかくド迫力!
・節目のイベントに、縁起を担ぐこと意味合いで和太鼓演奏が重宝されています!
・イベントのオープニングに最適!
・お客様に実際に太鼓を演奏体験して頂くプログラムも充実!




 

 

和太鼓津軽三味線

■和太鼓+津軽三味線

・太鼓だけ、三味線だけでは物足りないとき、迫力ある組み合わせがこれ!
・お祭り的にも、音楽的にもどちらにも対応!
・コラボレーション製品などのイベントにおススメ!
・他の和楽器や洋楽器との組み合わせも可能!

 

 

尺八箏

■尺八+箏

・会場が一瞬でプレミアムで雅な空間になります!
・お客様同士の会話を邪魔しない、BGM演奏に最適な音量!
・皆さんがご存知の有名曲のカバーも可能!
・会社、団体のテーマソングをアレンジしての演奏も可能!(オプション)



 

 

これらの事例は音通堂が手掛けてきたもののほんの一部です。
もっと違うスタイルの事例動画もこちらから見ることができます。

過去の事例

 

3ステップ

■実施までの流れ 3ステップ

1.お問い合わせフォームまたはメールでお問い合わせ

矢印

2.ご予算に応じたキャストセッティング、会場に合わせた音響セッティングなど、より詳細の内容についてご相談させて頂きます。こちらからお勧めのステージ内容を提案させて頂いたりして、イメージを共有します。
直接お会いして資料を持参したり、お電話やメールでやりとりを致します。

矢印

3.演奏当日!

アーティストが現地に訪れ、演奏いたします。本番終了後、こちらから請求書を送付させて頂きます。

 

QA

Q&A

Q.まだプレゼン案件(企画途中)の段階ですが問い合わせても大丈夫ですか?

A.もちろん歓迎致します。

お電話やメールにてお話をお伺いし、プレゼンに必要な企画、演奏者の写真、動画、プロフィールなどをお送りします。

社内会議やクライアント様へのプレゼンとしてご利用いただけます。

必要であれば演奏者のスケジュール調整、お見積もり算出を致します。

Q. 音響を使わず生で演奏してもらいたいのですがお客様の人数は何名が限界ですか?

A. 津軽三味線、は和楽器の中では音は大きい楽器ですが特徴として音の強弱を使う演奏方法が多い楽器です。一曲の中でも小さい音と大きい音の差がはげしいため、おおよそ演奏会場ですと学校の教室サイズ、人数ですと30名が生演奏の限界になります。

A. 箏は和楽器の中では音が小さい楽器のため、会場の規模により音響が必要になります。

Q. 交通費はかかりますか?

A. 都心から50㎞以内の場合は交通費は無料です。その他の場合は実費請求となります。

Q. キャンセル料はかかりますか?

A. キャンセル案件が発生した場合以下のように所定のキャンセル料を申し受けます。
当日の14日以内      基本報酬の100%

 

・・・お客様の方でご準備していただくもの・・・

 

■控え室 (姿見・お水・食事)

男女の演奏者がいる場合は二部屋ご用意お願い致します。

楽屋で少し音を出す可能性がございます。あらかじめ会場担当者様にお伝え下さい。

■駐車場(必要に応じて)

■宿泊費、滞在費(必要に応じて)

■楽器運搬費(必要に応じて)

 

 

特典
ご依頼

<個人情報の利用目的>
お客様よりお預かりした個人情報は、以下の目的に限定し利用させていただきます。
・本サービスに関する顧客管理
・本サービスの運営上必要な事項のご連絡

<個人情報の提供について>
当社ではお客様の同意を得た場合または法令に定められた場合を除き、
取得した個人情報を第三者に提供することはいたしません。
<個人情報の委託について>
当社では、利用目的の達成に必要な範囲において、個人情報を外部に委託する場合があります。
これらの委託先に対しては個人情報保護契約等の措置をとり、適切な監督を行います。

<個人情報の安全管理>
当社では、個人情報の漏洩等がなされないよう、適切に安全管理対策を実施します。
<個人情報を与えなかった場合に生じる結果>
必要な情報を頂けない場合は、それに対応した当社のサービスをご提供できない場合がございますので予めご了承ください。

<個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続について>
当社では、お客様の個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続を定めさせて頂いております。
ご本人である事を確認のうえ、対応させて頂きます。
個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の具体的手続きにつきましては、お電話でお問合せ下さい。
問合せ番号:03-6875-4541
9:00~18:00(月~金)
お名前 

フリガナ 

メールアドレス 

貴社名

お電話番号 
- -

演奏予定地 

ご希望プラン 
               

その他詳細、ご希望などあればご記入ください。

内容確認 
   

 

2018年04月25日

生演奏 料金

GWも近づいてきましたね!
今日は「生演奏を依頼したいんだけどどれくらいお金がかかるかわからない」という疑問にお答えしようと思います。

 

 

生演奏の料金は人数と演奏者のキャリアによって変動することが多い

 

一般的にパーティーで生演奏する場合は2種類あります。
アトラクションとして演奏を見るか、お客様歓談中のBGMとして演奏を聞くか、この2つです。
アトラクションの場合は企画内容によって様々ですが、お客様が200名までなら演奏者2〜3名であることが多いです。
BGM演奏は1〜2名の時が多いです。
1名呼ぶと演奏料としておおよそ5〜10万円ほどかかりますが、有名人を呼べば50万円くらいかかる場合もあります。

 

皆んなどれくらい予算を使うの?

 

音通堂が今まで派遣してきた中で一番多い編成は2〜3名の編成です。
こちらは金額にして20〜30万円あたりですが、演奏者の食事や控え室、備品を用意するとおよそ演奏料プラス20%くらいをみているクライアントが多いです。
和楽器演奏の場合は2〜3名の編成であればほぼ完璧にお客様を盛り上げることができます。
外国人のお客様が多いパーティーでは和楽器はやはり人気で、津軽三味線の迫力を体験したり、和太鼓を実際に叩いてみたり、毎度高い評価を得ています。
洋楽器の生演奏の場合は少なくとも4名くらいの編成が必要になることが多く、そういった意味では洋楽器を呼ぶのと和楽器を呼ぶのは全体の予算から言っても大差ありません

音通堂のわかりやすい料金システム

 

音通堂は所属している演奏者全員が一流であるという認識ですので、演奏者の知名度や演奏技能によって料金が変動することはなく、
また、楽器の種類にかかわらず全て一律料金となっています。
演奏時間によって3種類の料金設定をしています。

 

演奏にまつわる悩み事も一緒に解決しよう!

 

レストランで演奏してほしいけど音響機材がないとか、ステージはあるけど照明がなくて寂しいとか、そういった相談を受けることもよくあります。
ステージに関わることは全て音通堂の機材や人材で解決できますので、どんな小さなことでも相談してくださいね!

 

料金の詳細はこちら
http://on-tsu-do.com/menu

 

2018年04月02日

イベント 演奏依頼

新年度の幕開け!
今日もいい天気ですね!
本年度も音通堂はお客様がびっくりするような企画盛りだくさんで突っ走って行きたいと思います。

最近のイベント演奏の動向

音通堂も気づけば6年以上になりますが、この長いようで短いスパンの中でもお客様が求めるイベント余興の演奏のスタイルは変化していると感じます。
例えば、昔は「歓談中に30分用意したから三味線弾いて!」みたいな依頼が多かったのですが、最近は「オープニングの演奏と歓談中の演奏に和楽器を入れたい!」
といったような、イベントをトータルして演奏依頼をされる方が多いです。

 

最近人気のアトラクション、余興演奏

 

一時期外国人のお客様のパーティーでの演奏が多かったイメージがありましたが、そんな外国人の「和楽器好き」に触発されてか、日本人パーティーに呼んで頂くことも多くなりました
元々日本人のお客様向けに始めた会社なのでとても嬉しいのですが、日本人にしろ外国人にしろ人気が高いのは「和太鼓と津軽三味線」の組み合わせです。
オープニングは和太鼓と津軽三味線のコラボでド派手に、乾杯の時は和太鼓で拍手を煽り、歓談中はお客様の会話を邪魔しない音量で三味線の演奏を楽しんで頂くといった具合です。

和楽器がイベントの価値を上げる

 

よく弦楽四重奏の生演奏がフレンチのコース料理の最中に聞こえてくるといった演出を目にする方も多いと思いますが、ここ日本においては和楽器の方が高い付加価値を提供できます。
それは、演奏者の絶対数が圧倒的に少ないことが挙げられます。
もちろん余興のみの演奏依頼も大歓迎ですが、せっかくなのでイベント全体の価値が上がるような演出を考えてみてはいかがでしょうか?
バンバン提案させて頂きますよ!

 

2018年03月28日

匹田大智 変幻自在のトリックスター 津軽三味線

異彩を放つ若き天才

 

津軽三味線奏者、匹田大智はパッと見た感じ、いわゆる「伝統的でかしこまった演奏者」という和楽器奏者のイメージとは真逆の様相を呈しています。
曲の中で自由にテンポを変え、時にブレイクし、ゆっくりとしっとりと演奏したかと思えば物凄い超絶技巧パッセージを繰り広げます。
これは目の前にいるお客様の感情を瞬時に察知して感動させようとして演奏している、ライブならではの高等テクニックなのです。
イベントの余興で盛り上げが欲しい時は彼が最高の仕事をしてくれますよ!

一見自由に演奏しているだけに見えるが、、、

型にとらわれない独自の演奏を追求しているように見える彼の演奏ですが、勿論闇雲に自己流を追い求めているわけではありません。
なんせ彼は伝統的な奏法を競う津軽三味線の全国大会で優勝の経験を持つ、とてつもない経歴の持ち主でもあるのです。
しっかりと型を修めたからこそ、そこからどうやって脱却していくか、どうやって次のステージに行くのかという段階に行けるのですね!

トークは下手だが英語は上手い!

そんな匹田君ですが、残念ながらトークはあまりうまくありません。いや、どちらかというとヘタクソですww
快活でひょうきんなキャラにも関わらず何故か真面目にトークしようとします。
長年お付き合いしている僕にもその理由はわかりませんが、、
ただ英語トークはお手の物で、外国人のお客様が集まるパーティーでは無双状態です。

EDM系や打ち込みとの演奏に強い

元々クラブミュージックが好きな彼は自身の活動においてもEDMと津軽三味線のコラボが有名です。
イベントのオープニングやアテンションで大音量のクラブミュージックと共に三味線が流れて来たらかっこいいですよね!

 

Copyright© on-tsu-do All Rights Reserved.

〒134-0085 東京都江戸川区南葛西2-2-8 702
電話:03-6875-4541(代表) Mail:info@on-tsu-do.com