2017年12月27日

新年会と和太鼓 これぞ至高の組み合わせ

今日も晴れ渡る青空!
忘年会もそろそろ一巡、年が明ければ新年会シーズンですね。
よっしゃぁこれから1年頑張るぞ!という新年会。
和太鼓で景気づけしましょう!

 

オープニングアトラクション

 

会場にお客様が入られたら、司会の方がおもむろに「それではこれより新年会を開催します」
なんてアナウンスが聞こえてきます。
でも例えば、そんないつものオープニングにちょっとした演出を施してはどうでしょう。
お客様が会場へ入られると、照明がフっと暗くなります。
ステージに明かりが照らされるとお客様は注目します。
その瞬間、「どどーん!」と太鼓の音が聞こえ、3分程度の演奏があり、
終わって拍手が起こると、司会の方が「それではこれより新年会を開催します」。
会場の雰囲気が一気にオンになるような、そんな転換の演奏ですね。

 

乾杯

 

偉い方のあいさつから、お客様にグラスをもって頂き、乾杯の発声後グビグビ。そして拍手が
起こりますが、このグビグビのシーンとした一瞬の時間に太鼓のドドンがあると雰囲気がめちゃくちゃ出ます。

 

歓談中の余興

 

余興はイベントの華ですが、お客様の指向によって「アトラクションとしてステージを魅せる」パターンと、
「お客様の会話を邪魔しないBGM的な余興」の2パターンに分かれます。
どちらもそれぞれの魅力がありますが、太鼓の場合は音が大きいのでお客様の会話を遮ります。
会話を重視するのであれば箏や尺八の演奏が最適です。
アトラクションをやる時は演奏もそこそこに、実際太鼓に触れて体験してもらうのもとても楽しいですよ!

 

和太鼓NGと言われてもたまになんとかなる

 

多くの会場で和太鼓演奏はダメですと言われますが、時間帯や条件によっては相談に応じてくれる場合があります
隣の会場を使ってなかったりとか、この時間帯なら他のお客様がいないから大丈夫とか、優秀なホテルスタッフさんが
調整してくれたりします。まぁ勿論会場の使用状況次第ですので無責任なことは言えませんが、、、

 

 

2017年12月27日

セッションの大切さ 少年よ大志を抱け!

音楽家の魂の発端は「セッション」にあります。
音楽家はセッションなしに語れません。言い換えればセッションをしてこそ音楽家です。

 

私も20歳で上京してから数え切れないくらいセッションをしてきました。
渋谷の外国人バーで1日平均5時間くらいやってました。
時には怒鳴られました。
時にはバカにされました。

 

音楽はセッションから生まれる

 

自分の音は自分の心、他人の音もまた然りです。
音は心、相手の思いが詰まっています。
音楽家は相手の性格を音で判断します。
音を聞けば全てがわかるからです。
これに一切の誇張はありません。音楽やっている人ならわかるはず。
結局音楽家はセッションに「生」を見出し、また同様に「死」を連想します。
生きている実感を持てるんですね!
きっと完成された音楽には演奏家の思いを集結するほどの強い力が内包されているのでしょう。

 

仲間は突然減る

 

かたやセッションなんて所詮は遊びです。
気軽なのに、いつものメンバーでセッションできなくなる日は突然訪れます。
気づけば仲が悪くなる人もいるし、仲違いしたわけでもないのに徐々に疎遠になる人もいます。
儲けが少ないからやめる人もあったりする。
時には死別もあったりします。
死別はやっぱり辛いです。

 

音楽は永遠じゃない

 

その時にそのメンバーでやった音楽がその時の音楽です。
再現性はない。いつもまたその音楽を演奏できるわけじゃないんです。
だから、今この瞬間に「音楽」を大事にするんです。
こんなこと、東京に出てくれば嫌でも学びます。
そうだとしても、時とともに風化し、また学ぶを繰り返す。

 

その瞬間を大切に、思いを音符に、音楽に。

 

 

 

2017年12月26日

津軽三味線 イベント・アトラクション演奏の際のオススメ楽曲

最近顔パックにはまっている音通堂山田です。
乾燥がすごいんだもの。

 

津軽三味線はイベントや余興のアトラクションで大変人気なコンテンツのうちの一つですが、
「どんな曲を演奏してくれるの?」というお問い合わせが時々あります。
そんな疑問にお答えしようと思います。

 

やっぱ津軽は民謡しょ!

 

津軽三味線を演奏するにあたって有名な「津軽五大民謡」なるものがあります。
これらの楽曲は江戸時代からあり、楽器とともに独自の発展を遂げているので楽器本来の特性を活かした演奏を楽しむことができます。
特に有名なのは「津軽じょんがら節」ですね。津軽あいや節なんかも有名です。

オリジナル曲を持っている演奏家も多数!

 

主にじょんがら節の演奏スタイルを自分流にアレンジして、キメやリフなど特徴的な要素を付け加えてオリジナル楽曲として発表している
演奏家もたくさんいます。彼らの一番得意な演奏スタイルがふんだんに織り込まれて入るので、見ててとても迫力があります。
最近ではバンドと一緒にやったり、クラブミュージックと一緒にやったりもします。

 

ポップスとかクラシックのカバーは苦手だよ!

 

津軽三味線はとても独特な楽器です。
同じ弦楽器で見た目も似ているギターとはかなり奏法が異なり、また1音がとても短いのでメロディ演奏に不向きです。
細かい音をたくさん重ねて演奏するスタイルなんです。
したがって、時々依頼される「J-POPのカバーを演奏してください」というお願いには答えられないことがあります。
もちろん「100%ムリ!ポップス絶対ムリ!」という訳ではありません。
アップテンポな楽曲は比較的相性が良かったりします。

 

カバーをやるとなんか「ダサく」なっちゃう!

 

無理矢理音階だけを追って作った(アレンジした)カバーを演奏すると、どこかコミカルというか「ダサい」演奏になります。
これは演奏家が悪いわけではなくて、楽器の特性と合わないからです。
さだまさしさんの切ないメロディもスティールパンとボンゴで演奏したらどうしても陽気になってしまいますよね?
想像しただけでwwww
やっぱり津軽三味線には「かっこよさ」が重要なので、コミカルな要素はあんまり必要ないかなと思います。

 

2人での演奏がオススメ!

 

津軽三味線の細かいフレーズは2人の役割分担で更にカッコよくなります。
2人で演奏すればソロ演奏バトルなんかも楽しめます。余興やアトラクションにピッタリですね!

パートナーシップやリレイションシップなど「ペア」がキーワードのイベントに

 

顧客と主催者、契約者様とホスト企業、男女、過去と未来など「相対する2つのテーマ」のイベントの時は三味線2名演奏がオススメです。
アトラクションや余興にもイベントのテーマを盛り込めばとても記憶に残る出来事に変化します。
照明で壮大な雰囲気を作るのもオススメで、費用対効果が一気にアップします!

 

2017年12月25日

2017年のイベント出演お礼と音通堂が育成するプロ奏者

「あっ!!」

 

という間の2017年だったと強く思う音通堂山田です。

 

本年の演奏案件は全て終了しました。お世話になった企業総務の方、旅行代理店の方、イベント制作会社の方、コンベンション制作の方たちには厚くお礼申し上げるとともに、
来年からの一層のご高配をどうぞ宜しくお願い致します。

インバウンドが点けた火が日本人の需要に転換

 

JTB総研さんのHPによると、今年の訪日外国人の延べ人数は2500万人を確実に突破すると見られており、去年より18%以上の伸び率となっています。
https://www.tourism.jp/tourism-database/stats/inbound/
音通堂もその動向は肌で感じる部分があり、世界中から来る外国人の方に素晴らしい和の音を届けられたと思いますが、
今年はそんな盛り上がる日本の伝統文化を日本人が再確認したという印象が所々ありました。
外国人が注目してそれを日本人が再確認するなんてちょっと皮肉な話ですが、日本人パーティーでも和楽器の演奏を楽しんで頂くことが増えた1年でした。

 

2018年は「質」のフェーズへ

 

創立時から音通堂は「ただ和楽器奏者を出張させるだけではダメ、そこに最高品質が伴ってこそ音通堂である」という強い信念がありました。
もちろんそれは今でも同じ思いです。その証拠に音通堂では様々な楽器のコラボレーション、音響や照明、舞台装置や演出、タイミングなど、今まで自分たちが培ってきた
知識と経験をフル稼働させて「一番いいタイミングで一番良いものを」楽しんで頂くために制作業務に勤しんできました。
実際、ただ演奏者を現場に連れて行く案件は音通堂では少数で、殆どの案件で音響や照明のテクニカル、他楽器とのコラボレーション、そのイベントのための作曲など、
演奏者派遣だけではない業務がセットになっているのは、クライアントが「ただの演奏」を求めているのではなく、そこにエンターテイメント性や演出力を求めていらっしゃる
何よりの証拠です。
この流れは今後さらに加速すると思います。

 

和楽器演奏家の皆様へ 求められるのは「プロ意識」と「世界観」

 

今年音通堂と一緒にイベント出演してくれた演奏家の皆様方は、本当に素晴らしい働きを見せてくれました。
音通堂が求める「素晴らしい演奏家」のビジョンを共有してくれて、現在の地位に甘んじることなく、努力を惜しまず各アトラクションをこなしてくれました。
「プロ意識」とは一言で言えば「信用に値する責任」のことで、世界観というのは「ものの見方」のことです。
音通堂スタッフやクライアント、お客様からもらう「信用」を、しっかりと「責任」として最大限全うしていく。
時代や流行に媚びず、自身が養った技術と経験を以って楽曲やステージ目的を理解して実践していく。
それらがお客様の信用に還流して金銭や名誉に代わって行きます

 

言葉にすれば薄っぺらいですが、音通堂の演奏者達でなければ達し得ない境地ですよ!
また、音通堂はそんな素晴らしい次代の演奏家を常に探しています。

 

2017年12月16日

演奏者とアーティストの違い

最近チャリンコで日の出を見に行くのがマイブームの山田です。
アーティストとか、ミュージシャンとか、演奏者とか、音楽家を表す言葉は色々ありますが、実は本質的に意味が違うって知ってました??

 



奏者とは「伝える人」

 

楽器奏者とかいうように使われる「奏者」という言葉。
実は、この言葉は平安時代(もっと前?)からあります。
昔の偉い人は隣の国の偉い人に言いたいことがあるとき、特使を派遣して手紙を持たせました。これを奏者と言ったんですね。

 

つまり、奏者は「伝える人」。取り次ぐ人なんです。うちの親分はこう言ってますよ、あなたはどうしますか?っていうことがちゃんとできる人。

 

これを音楽家でいうところの「奏者」に置き換えます。
古今に伝わる楽曲を体現してその作曲家などの思いや表現を正確に「伝える」人、それが楽器奏者だと言えます。
なので奏者には技術と論理的思考力が必要になります。曲を正確に解釈し、それを体現する能力を求められるからです。

 

 

アーティストとは「発信する人」

 

翻ってアーティストとは「アートをする人」のことですよね。アートというのは一言でいうと「感情の表現」です。
自分が伝えたい気持ちや言葉を、それとは一見離れた媒体を介して伝えるんです。
つまり、アーティストとは「伝えたいことを形にする人」
音楽家が自分の強い思いを音楽に乗せれば、デザイナーが洋服に思いを馳せればそれは「アート」で、アートをする人はアーティストです。

 

彼らにとっては自分の「思い」を表現することが一番重要なので、技術を追い求めることはしません。
代わりに自分が持って生まれた「センス」で媒体に強いメッセージ性を添え、思いを同じくしたファンを幸せの境地に連れて行きます。


ミュージシャンとは「音楽をやる人」

 

ミュージシャンとは日本語にすれば「音楽をやる人」のことです。
僕はギターを弾いたりしますのでミュージシャンです。
僕とよくカラオケでセッションするサラリーマンの後輩ももちろんミュージシャン。
飲み屋でグラスを割り箸でチンチン叩きながらCM曲を歌うおっさんもまたミュージシャンです。
人は音楽に包まれた瞬間、ミュージシャンなんですね。

 


プロ音楽家は奏者であり、アーティストでもあり、もちろんミュージシャンである

 

「僕はアーティストだから演奏者ではない」なんて人はほとんどいません。
なぜなら音楽には表現と伝導が混在していて、そのどちらの側面も持ち合わせているからです。
プロの多くは先人達の素晴らしい音楽を体現する奏者でありながら、自分の思いを載せたオリジナル曲を披露するアーティストでもあります。
その人その人によって得手不得手はありますが、伝統を守り、また革新的なチャレンジを厭わない、それがプロミュージシャンです。

 


じゃあプロってなに?

 

ミュージシャンの枕に「プロ」が付いてプロミュージシャン。
この話は長くなるのでまた次の機会に書こうと思います。
でも、何がプロなのかを理解するにあたって今日のお話はとても重要ですよ!
少なくとも「音楽でお金を稼ぐのがプロミュージシャンです」と言った短絡的なことではありません。
ただしこれだけは言えるのが、音通堂には素晴らしいプロミュージシャンしかいませんよ!
音通堂に演奏者の依頼をする際は安心して頂ければと思います!

 

Copyright© on-tsu-do All Rights Reserved.

〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-12-4-303
電話:03-6456-0026(代表) Mail:info@on-tsu-do.com