2017年06月28日

懇親会の余興 トークありステージ

ただ演奏して終わるだけではなく、音通堂の演奏家たちはご要望があれば楽しいトークもできます。
これが懇親会の余興にはぴったりなんです。

 

演奏、お酒、トークでアットホームに

懇親会などで初対面の人がフロアに沢山いるときは皆さんでステージに注目する時間を設けてはいかがでしょうか。
例えば15分の三味線演奏を入れて、会場が温まるようなトークと演奏で盛り上がれば、その後のお客様同士の会話の距離感がグッと近くなりますよ!

2017年06月09日

和楽器イベント おかげさまで6期目へ

今月からおかげさまで音通堂は6期目の開始となりました。
今までお世話になった各クライアントをはじめ、ホテルや会場担当者様、弊社スタッフ、弊社が誇る素晴らしき演奏家の方々には改めてお礼申し上げます。

 

和楽器イベントを進化させる!

丸5年やってきたわけですが、たかが5年の間でも和のイベントを取り巻く情勢は大きく変化し、これからも形を変えていくことでしょう。
特筆すべきはやはり訪日客を対象としたイベントの増加です。
観光とは別の目的(イベント開催やセミナー、学会、コンベンションなど)で日本を訪れる方々に対し、少ない滞在の中で日本を感じていただけるような様々な演出を実施してきましたが、紋切り型のただの演奏イベントではなく、時にはオープニングの演出をしたり、映像作品を作ったり、生バンドや打ち込み音源との演奏演出、体験などを手がけてきました。
そしてたくさんのステージを経るにつき、宴席や懇親会そのものの運営や進行にも多数携わり、国内企業の周年記念イベントの総合プロデュースができるようになりました。
最初は「和楽器演奏者を余興などに手配する」という業務で始めた会社でしたが、現在はただ演奏するといったことは少なく、深くイベントの主旨やお客様が求めているものをヒアリングした上で演出アイディアを提案し、それに沿って演奏するといったことの方が多いです。
これもひとえに各セクションに欠かせないプロフェッショナルの存在が大きく、それらのスタッフの存在がこれからの音通堂を成長させていくのだと思います。

 

6年目の飛躍

 

これからの音通堂は、自分たちから打って出る機会を増やすべく、さまざまな準備をしています。
和の演奏が欲しい、体験したいという潜在的なニーズに対して、最短距離で供給ができるようにするにはどうすべきか。
質の良い演奏者の不足、会場のブッキングの煩雑さや料金の壁、承認フローとの意思疎通など解決させるべき事柄は沢山ありますが、これまで音通堂と志を共にした企業や団体の方たちとも改めて協力し、日本の素晴らしい文化を世界に発信していくための仕組み作りを行なっていきたいと考えています。

 

 

Copyright© on-tsu-do All Rights Reserved.

〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-12-4-303
電話:03-6456-0026(代表) Mail:info@on-tsu-do.com