2017年12月16日

演奏者とアーティストの違い

最近チャリンコで日の出を見に行くのがマイブームの山田です。
アーティストとか、ミュージシャンとか、演奏者とか、音楽家を表す言葉は色々ありますが、実は本質的に意味が違うって知ってました??

 



奏者とは「伝える人」

 

楽器奏者とかいうように使われる「奏者」という言葉。
実は、この言葉は平安時代(もっと前?)からあります。
昔の偉い人は隣の国の偉い人に言いたいことがあるとき、特使を派遣して手紙を持たせました。これを奏者と言ったんですね。

 

つまり、奏者は「伝える人」。取り次ぐ人なんです。うちの親分はこう言ってますよ、あなたはどうしますか?っていうことがちゃんとできる人。

 

これを音楽家でいうところの「奏者」に置き換えます。
古今に伝わる楽曲を体現してその作曲家などの思いや表現を正確に「伝える」人、それが楽器奏者だと言えます。
なので奏者には技術と論理的思考力が必要になります。曲を正確に解釈し、それを体現する能力を求められるからです。

 

 

アーティストとは「発信する人」

 

翻ってアーティストとは「アートをする人」のことですよね。アートというのは一言でいうと「感情の表現」です。
自分が伝えたい気持ちや言葉を、それとは一見離れた媒体を介して伝えるんです。
つまり、アーティストとは「伝えたいことを形にする人」
音楽家が自分の強い思いを音楽に乗せれば、デザイナーが洋服に思いを馳せればそれは「アート」で、アートをする人はアーティストです。

 

彼らにとっては自分の「思い」を表現することが一番重要なので、技術を追い求めることはしません。
代わりに自分が持って生まれた「センス」で媒体に強いメッセージ性を添え、思いを同じくしたファンを幸せの境地に連れて行きます。


ミュージシャンとは「音楽をやる人」

 

ミュージシャンとは日本語にすれば「音楽をやる人」のことです。
僕はギターを弾いたりしますのでミュージシャンです。
僕とよくカラオケでセッションするサラリーマンの後輩ももちろんミュージシャン。
飲み屋でグラスを割り箸でチンチン叩きながらCM曲を歌うおっさんもまたミュージシャンです。
人は音楽に包まれた瞬間、ミュージシャンなんですね。

 


プロ音楽家は奏者であり、アーティストでもあり、もちろんミュージシャンである

 

「僕はアーティストだから演奏者ではない」なんて人はほとんどいません。
なぜなら音楽には表現と伝導が混在していて、そのどちらの側面も持ち合わせているからです。
プロの多くは先人達の素晴らしい音楽を体現する奏者でありながら、自分の思いを載せたオリジナル曲を披露するアーティストでもあります。
その人その人によって得手不得手はありますが、伝統を守り、また革新的なチャレンジを厭わない、それがプロミュージシャンです。

 


じゃあプロってなに?

 

ミュージシャンの枕に「プロ」が付いてプロミュージシャン。
この話は長くなるのでまた次の機会に書こうと思います。
でも、何がプロなのかを理解するにあたって今日のお話はとても重要ですよ!
少なくとも「音楽でお金を稼ぐのがプロミュージシャンです」と言った短絡的なことではありません。
ただしこれだけは言えるのが、音通堂には素晴らしいプロミュージシャンしかいませんよ!
音通堂に演奏者の依頼をする際は安心して頂ければと思います!

2017年12月11日

周年記念行事と新年会の余興で気をつけること

こんな忘年会の時期に新年会の話なんてと思うべからず。
車内の新年会はもとより、日頃お世話になっている取引先やお客様を招待しての新年会は、やはり洗練されたものにしたいですよね。

せっかくならオンリーワンなイベントを

お客様が来る、開会の挨拶がある、乾杯があり歓談がある、料理がつつがなく出されていく、、、。
よくパーティーに出席する偉い人たちや顔の広い人たちはいつもこの繰り返しを経験します。
パーティーでは少しでも自社(団体)の特色を出そうと幹事や総務の方たちは色々なことを考えますが、関わる人が多くなるにつれ、
アイディアは徐々に最大公約数化していき、結局ありきたりな進行になってしまいがち。
お客様を招待するような新年会、周年記念行事などの節目のイベントでは、ぜひ自分たちの特色をふんだんに盛り込んで欲しいと思います。

 

パーティーの流れがクオリティを左右する

 

イベント製作会社さんや広告代理店さんが運営するパーティーは、お客様が気づかないくらいのレベルのことを慎重に遂行し、
お客様にストレスのないように様々な工夫がなされています。
「流れ」がとても重要なんですね。
お客様がちょっと早めに来てしまってもしっかり準備しているとか、開会の挨拶やスピーチの時は会場の照明もリンクしていたりとか、
乾杯のタイミングで時間のロスなく全てのお客様にドリンクが行き渡ったりとか、そういった流れがあたかも「プロのイベント製作」が企画したような
パーティーには欠かせませんが、決してプロのイベント会社に依頼しなくても、ちょっとした工夫で現状を打破できる項目もたくさんあるのです。

 

和太鼓、特に大太鼓は時間を区切るのに最適

 

音通堂で和太鼓演奏の依頼を受けた時はよく、余興の演奏以外の箇所での和太鼓演出を提案します。
オープニングは司会者の号令で始まるのではなく、照明が暗くなって和太鼓の3分の演奏で始まるとか、乾杯の時に和太鼓演出によってお客様の拍手を煽るとか。
節目に和太鼓が入るだけで「あ、次はこの催しなのか」といった時間の区切りをお客様は感じることができます。
そういった細かい演出に和太鼓奏者を入れてもトータルの演奏時間が30分未満の場合は一律の料金なのでかなりお得です。

 

まとめ

 

来年に周年記念行事を計画している方も多いのではないでしょうか?
音通堂では今までの周年記念行事をお手伝いさせて頂いた経験から、お金をかけるべき所とカットすべき所をアドバイスさせて頂いたり、
段取りに穴のある箇所をアドバイスさせて頂いたりと全身全霊バックアップを取らせて頂いています。
実際パーティー当日に和楽器演奏者のフォロー以外のこともお手伝いすることが多いので、小さなことでも相談いただければと思います!

 

 

2017年11月14日

年末のイベント 人気の和楽器余興

11月、12月とイベントが多くなるこの季節は様々な和楽器の余興が人気ですが、その中でも今巷でアツイ組み合わせをいくつか紹介します。

 

1、女性津軽三味線

 

 

元来男性っぽさを持つ津軽三味線の世界には、少数ながら女性奏者もいます。
これが「迫力も欲しいが華やかさも欲しい」というわがままなニーズに大ヒット!
アトラクションや余興で多く発注を受けています。
洋楽器との組み合わせもあり、柔軟に組み合わせることができます。

 

2、和太鼓

 

 

最近は演奏できる場所も減りましたが、やはりイベントのオープニングやアトラクションといえば和太鼓ですね!
太鼓の大音量を照明と組み合わせればあっという間に派手で荘厳な和のエンターテイメントになります。

 

3、箏と尺八

 

 

「The ニッポン!」と体感できる、外国人のお客様に特に人気なのが箏と尺八の組み合わせです。
イベントでの使い方によって様々な演出ができます。
お客様お迎えの演奏だったり、歓談時のBGMとして、アトラクションとして、などなど。
お客様が知っている有名な曲や洋楽のカバーを演奏できるのもこの組み合わせの人気な点です。

 

2017年10月18日

アトラクションや余興に照明の力を

音響機材や照明器具を大々的に設置するような規模の演奏は考えていないが、何もないっていうのもちょっと物足りない。
そんな時は音通堂の自前の機材が威力を発揮します。

 

音響7万円、照明4万円、セットの場合は10万円

大きなステージで迫力のある演奏をするには相応の機材が必要となりますが、本格的な時はそれぞれのプロに依頼するのが一般的です。
この場合音通堂ももちろん音響や照明オペレーター、機材の手配も承っていますが、お客様が100名以下程度のステージや、
ステージサイズが広くない時は自社で持っている機材を安価で提供しています。

 

音響機材はこれでバッチリ

 

↑ちょっと見つらいですが、音響機材のサイズはこのくらい。オペレーターがiPad片手にチェックします。

 

各楽器の収録用マイク、スタンド、ケーブル、ミキサー、モニタースピーカー、メインスピーカーがセットとなり、
知識のあるオペレーターが操作します。300名程度のお客様規模までならこれで十分カバーできますし、ホテル宴会場常設の天井埋め込みの
スピーカーに比べたら(スピーカーの物理的サイズが全く違うので)音の迫力が段違いです。

 

照明効果は意外とすごい

↑ステージの両脇に照明機材が後ろのカーテンを照らしています。

 

照明はステージの横、もしくは斜め前方向からLEDのパーライトを6発程度用意します。LEDなので電力も少なく済みます。
本格的に明るくなる訳ではありませんが、ステージに色がついたり曲ごとに明るい暗いなどの照明効果を導入するだけで、
お客様からステージクオリティは圧倒的に上がります。

 

2017年09月19日

太鼓と三味線 相性抜群で余興やオープニングに

台風一過、東京は昨日今日と晴れていますが、もう夏は終わったんだなと感じる今日この頃。。。
そして季節は芸術の秋へ。音楽の秋!

太鼓と三味線はオープニングに最適!

 

オープニングアクトはイベントにとってとても重要なセクションです。
映像や音響の細かくてシビアな演出をしなくても、そこに太鼓と三味線があれば成り立ってしまう存在感!
5分の演奏でオープニングを飾ることができます。
女性も男性も経験豊富な演奏者たちが素晴らしいオープニングアクトを披露してくれます。

 

太鼓と三味線は余興にも最適!

 

オープニングで5分の演奏を堪能した後は、歓談中に15分程度のアトラクションがおすすめです。
太鼓と三味線の息のあったパフォーマンスを楽しむのもよし、太鼓の体験をプログラムに入れるのもよし(体験に追加料金は一切必要なし)。
オープニングと余興の2ステージでも音通堂料金は良心的で、「30分枠」の料金設定内で追加料金一切なしでお楽しみいただけます。

 

 

Copyright© on-tsu-do All Rights Reserved.

〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-12-4-303
電話:03-6456-0026(代表) Mail:info@on-tsu-do.com