2016年04月04日

箏 尺八 演奏依頼 その魅力と注意事項

東京は桜が満開の季節です。
テレビからは桜の映像と共に箏のメロディが流れてくる事もありますね。

 

さて、音通堂には箏、尺八ユニットも多数存在し、パーティーやイベントでの生演奏で好評をいただいています。

 

箏と尺八のユニット「五二三-koibumi-」

 

詳しくはこちらをクリック
http://on-tsu-do.com/koibumi
過去の演奏事例や動画資料をご覧頂けます。

 

パーティーの余興や、お客様歓談中のBGMで演奏する機会が多い箏、尺八ですが、
外国人の方、特に欧米のお客様に大変好評です。

 

箏と尺八は古典的な音楽だけではなく、お客様を楽しませるようなポップスなんかも演奏できるんです。
また、和太鼓や津軽三味線のような突き抜けた迫力はありませんが、演出と組み合わせる事で
オープニングアトラクションとしても演奏する事が出来ます。

 

外国人のお客様が多い時やイベントに高級感が欲しい時などには特にお勧めです。
クラシックの弦楽四重奏を手配するよりも安価で、高級感があります。

 

注意事項としては、箏も尺八も音量が小さい楽器ですので、パーティー会場ではマイクとスピーカーが必要です。
ワイヤレスマイクではダメとか、演奏者が自分の音を聞くモニタースピーカーが必要であるとか、
音響に関しては必ず事前に相談させていただいています。

 

もう一点、演奏者は現地で着物に着替えますので、控室や全身鏡をご用意頂いています。

 

わからない事や専門的なことは弊社スタッフが自発的に解決させますので、どんどんご相談ください。

 

2016年03月29日

和太鼓 アトラクション、余興演奏とその効果

イベントや周年記念行事、キックオフのオープニングなどに和太鼓の依頼が増えています。

 

和太鼓の演奏には多くのメリットがあります。
1、コンテンツとしての潜在的魅力がある。
2、価格の割に大きな効果を得られる。
3、縁起物である。

 

これらについて、少し書いてみようと思います。

 

1、コンテンツとしての潜在的魅力
和太鼓は、少なくとも1,000年前には大陸から日本に渡り、演奏されています。
そして今も尚プロアマ問わず太鼓に親しむ人は大勢おり、各所で演奏されています。
多くの日本人は和太鼓の音色の心地よさがDNAレベルで記憶されているのかもしれません。
さらに和太鼓は洋の東西を問わず、また老いも若いも問わず、男女も宗教も問いません。
すべてのお客様に楽しんでいただけます。

 

2、価格以上の大きなメリット
アトラクションや余興で有名人を呼ぶという話をよく聞きます。
有名人を呼べばステージの注目の的となりますが、いい意味でも悪い意味でも「出オチ」感があります。
また、有名人を呼べば(誰を呼ぶかで大きく変わりますが)概ね高額です。
例えばテレビで活躍するお笑いコンビに漫才をしてもらおうとすれば100万円かかっても不思議ではありません。
音通堂の和太鼓プロが4人演奏して、さらに締めとして社長に参加してもらうサプライズを企画しても、税込40万円前後です。
ステージ注目は有名人のそれに全く引けを取りません。

 

3、縁起物である。
古代より和太鼓は節目や人が集まる時、厄払いをする時、お経を読む時などに縁起物として使用されてきました。
これは、現代の企業が行う節目のイベントにそのままマッチしています。
年が明けてから役員一同でお祓いに行ったり厄払いに行ったりする会社も多いと聞きます。
ステージ上で縁起を担ぎ、「陽」の空気を纏ってまた次の日から仕事を頑張る。
そんな皆様を私たち音通堂スタッフは全力でサポートさせていただきます。

 

音が響くので、ホテルでの和太鼓演奏をお考えの方は会場担当者様に一度確認をすることをお勧めします。
搬入経路、ステージでの太鼓の出し捌けの時間、細かいことでわからないことがあれば何でもお答えします。

 

 

2016年03月23日

和とエンターテイメント

古臭い、堅苦しい、荘厳、高価な、、、
そんな「和」に対するイメージを払拭しましょう。

 

和の文化は「侘び寂び」に代表されるように、多くのコンテンツは内向的な志向を持っています。
しかし、世界中の素晴らしいコンテンツと組み合わせることによって、和はエンターテイメントを持った外向的なものにも変異します。

 

例えば、照明技術や映像技術と和を組み合わせれば、異次元の次世代「和」エンターテイメントを作ることが可能です。
弊社がテスト提案としてyoutubeに載せた「和太鼓とプロジェクションマッピング」は多くの反響とお問い合わせを頂いています。
https://youtu.be/cVDGgiYlWLY

 

普段ホテルでパーティーを企画されている方でさえ想像するのが難しいかもしれませんが、会場を和の雰囲気で一杯にすることも、意外と高価ではあり
ません。

これは立食ビュッフェスタイルの憩いの場として茶席を模した区画を作った時の事例です。

 

雅な和の雰囲気の中で、ゆっくりと箏の流れるような演奏が聞こえてきたら、きっとお客様は満足されるでしょう。

 

 

2016年03月14日

和で魅せる!アトラクションと余興

イベントにはやはり「華」が必要ですよね。
周年記念事業などの大きなイベントでも、社長の誕生日会や新年会のような小さ
なイベントでも、
折角実施するなら思い出に残るような会にしたい。

 

例えば、オープニングアトラクションとして和太鼓でド派手に演出してみてはど
うでしょうか?
例えば、余興としてお客様の歓談中にしっとりとした箏と尺八の演奏はどうで
しょうか?

 

「あの会社の懇親会に参加したけどオープニングの和太鼓が印象的だったなぁ」
と後からお客様に言って頂ければイベントとしてのクオリティは高くなりますし、
「歓談中の箏の演奏が心地よかった」と思い出に残れば、お客様は価格以上の高
級感を感じる事ができるでしょう。

 

来賓の方のご挨拶の直前に三味線の迫力ある演奏が聴ければ、お客様は自然と来
賓挨拶にも耳を傾けます。
アトラクションや余興はイベントの仕切り役としても重要だと思います。

 

 

 

2016年03月11日

プロの津軽三味線奏者が足りない!

弊社の、いや業界全体の由々しき事態。
それは、「プロの若手津軽三味線奏者不足」です。

 

決まった民謡が出来る上手なんだけど地味な演奏者とか、
華はあるけど洋楽のパクリ演奏しか出来ない下手くそ演奏者とかは沢山いるんですが、

技術がしっかりしていて洋楽や他楽器とのセッションにも対応でき、礼儀作法がきちんとしている
そしてステージでの笑顔が輝いている演奏者

 

そんな津軽三味線演奏者を音通堂は全力で探しています。

 

技術には自信があるけどステージ経験が浅いとか、ステージではかっこよく魅せることが出来るけど
技術に自信がない、という方はご相談ください!
今まで三味線をやってきたけどこれからは本格的にプロを目指したいという20代前半の方も、連絡貰えたらうれしいです。

 

完璧に食わしてやる!とは言い切れませんが精一杯フォローします。

 

 

 

 

 

Copyright© on-tsu-do All Rights Reserved.

〒134-0085 東京都江戸川区南葛西2-2-8 702
電話:03-6875-4541(代表) Mail:info@on-tsu-do.com