2016年04月10日

三味線 出張演奏 迫力とは裏腹にとても繊細な楽器!?

三味線は弦と弾くのではなく、胴に貼ってある皮ごと叩きつけるのが特徴な、
音も見た目も豪快な楽器です。

 

楽器自体もプロが使っているものの価格はン百万円するような価格帯が多く、
演奏者はそれを予備も含めて複数所有しています。

 

 

叩くのにすぐ皮が破ける

 

バンバン叩いて大きな音を出すのに、三味線の皮はすぐ破れてしまいます。
これは、叩いて穴が空いて破けるのではなく、湿度が原因です。
三味線の皮はものすごい張力でカンカンに貼ってあります。
湿度の変化によって皮は水分を吸収したり放出したりする過程で伸縮し、
安定した張力を保てないような状況になると破れます。

 

例えば、東京から福岡に1泊で演奏に行く時、三味線にとってはストレスの
連続です。
まず、家から一歩でも外に出れば湿度は変化します。
飛行機に乗っても、現地に着いても、ホテルの部屋でも、常に湿度の変化
が三味線の皮の張力をコントロールしています。
その結果、移動途中や本番前に皮が破れることが稀に起こります。
ケースに入れていても、胴を和紙で覆っていてもあまり関係なく破れる時は
あっさり破れます。

 

遠征の際は予備を持ち歩く

 

皮の破れた三味線は、いくらマイクを当てても音は出ません。
従って三味線奏者は(遠征の際は特に)予備を持って行きます。
そのため、アテンドスタッフの同行が必要なのです。
一人で2丁持ち歩く猛者も中にはいますが、あれは特殊技能です。
三味線はギターよりも重たいのでアテンドが持ち歩きます。

 

地方で演奏する際は予めアテンドがつくことを説明させて頂いてます。

 

 

2016年04月10日

津軽三味線 出張演奏 曲目や余興でのステージ進行

津軽三味線は和太鼓に次いで迫力のある楽器として多くの依頼を頂いています。
音に迫力があるので、イベントのオープニングアトラクションや、余興にも
最適です。

 

 

オープニングアトラクション

 

オープニングでは、三味線2〜3名による演奏が経験上一番多いですが、
三味線だけの演奏とカラオケを使ったロック調の演出と主に2種類あります。

 

迫力の中にも荘厳さを出したい時は三味線だけで、
迫力も派手さも欲しい場合は打ち込み音源を使用します。
オープニングアトラクションは「さあ始まるよ!」と周知させるのが目的
なので、5分から10分程度の演出がオススメです。

 

余興での生演奏

 

余興では最大30分を目処に、楽器の紹介など軽快なトークも交えて場を
和ませたり楽しませるのを目的に行います。

 

津軽三味線はプロで活躍している演奏者が非常に少ないので、時期や場合
によっては出張演奏が難しいケースもあります。
三味線の出張演奏をご検討の方はお早めにご連絡ください。

 

2016年04月09日

尺八 余興 これぞ和の心!

尺八の音色を生で聴いたことのある方はとても少ないのではないでしょうか?
私も初めて尺八を聴いたのは20歳を越えてからです。
尺八は楽器の構造は単純ですが、単純が故奥が深い楽器です。
特に欧州のお客様には大変人気があります。

 

もともと尺八は禅宗の一派の僧侶がお経の代わりに演奏していたのが始まりで、
自然や動物を描写した古典曲が多いのが特徴です。
なので、そう言ったトラディショナルな部分やスピリチュアルな部分が
欧米で人気になる一つの要因かもしれません。

 

ただ、尺八の古典曲はその荘厳さたるが故に華やかなイベントには不向きです。
音通堂では、尺八単体ではなく、他の楽器と組み合わせてアトラクションを
演出することが殆どです。


尺八を使った音通堂のアトラクション

 

尺八は楽器の特性上「人の歌う歌声」に近いので、どんな楽器とも相性がいい
というメリットがあります。
琴(箏)とのアンサンブルが有名ですが、ピアノやギターと一緒に演奏しても
違和感がないどころか、とても新鮮です。
尺八を使ってロックやジャズ、クラシックの演奏をしたり、書道と組み合わせ
たり、トークと組み合わせて漫談形式を取ったりと、色々実践してきました。

 

尺八の紹介ページはこちら
http://on-tsu-do.com/shakuhachi

 

尺八は演奏者の実力の差がわかりやすい楽器です。
プロの中でも演奏能力は演奏者によって雲泥の差があります。
こういったところは尺八の特徴的なところです。

 

 

2016年04月09日

和太鼓 演奏依頼 生演奏は結局おいくらかかるの?

以前和太鼓の魅力と注意点について書かせて頂きました。
この項では、注意点と取り決めや料金についてお話ししようと思います。

 

一番お問い合わせが多いのはやはり料金のことについてです。
和太鼓の生演奏を依頼するのにどのくらいかかるか見当もつかないですよね。

 

料金設定については時期や状況、人数や派遣する演奏者の実力などで大きく変動
するため、お問い合わせを頂かないと提示出来ないというのが「旧常識」でしたが、
この点、音通堂では当サイトにて料金を「はっきりと」提示させて頂いております。

 

演奏者料金はこちらのページ
http://on-tsu-do.com/menu

 

上記リンクには演奏者一人あたりの料金を提示していますが、もちろん他にも
費用がかかる場合があります。

 

 


演奏料以外にかかる費用

 

・交通費
音通堂は東京の中心部を起点としておよそ半径40kmの移動に関しては
交通費を別途頂戴していません。埼玉なら大宮、千葉なら千葉市とその沿岸部、
神奈川県なら横浜あたりまでは交通費の別途請求はありません。
その他の場所で演奏する際は、(和太鼓奏者は楽器を載せて車で移動するため)
車の台数×高速道路料金実費+ガソリン費概算が必要となります。
例えば東京から京都まで演奏者4名が車2台で移動する際は、
交通費としておよそ65,000ほどが演奏料とは別途に必要になります。

 

・宿泊滞在費
前乗りや後帰りが必要な場合、車移動で日をまたぐ場合は宿泊施設をご用意いただく
か、宿泊費に充当する請求があります。
また、滞在中の食事や雑費として1日一人あたり6,000かかります。

 

・演奏者拘束費
移動や滞在で演奏がないにもかかわらず演奏者を拘束する必要がある場合、
演奏者拘束費用として一人あたり演奏料の50%がかかります。
これは、空き日に仕事を入れられない演奏者への金銭的補償に充てられます。
5日間のイベントで1日置きに演奏がある場合とか、移動で丸一日かかったりとか、
海外での演奏の場合には適用されることが多いですね。

 


不明瞭な請求は一切ありません!

 

打ち合わせ費や雑費、資料作成費など、よほど特別な事情がない限りは
「これ何に使うの?」という請求はしません(当たり前ですが念のため)。
和太鼓のステージやアトラクションについては初めて実施される方が多いので、
むしろ直接お会いして説明した方が魅力を分かって頂きやすいので、
都内近郊限定にはなってしまいますが、ガンガン呼んで頂ければと思います。
今お電話頂いたら、もしかしたら2時間後にはお伺いできるかもしれません、
なんて日も勿論あります。

 

2016年04月07日

生演奏はやっぱり凄い! 周年記念イベントは和太鼓で決まり!?

和太鼓を生で見た、聴いたことのある方なら共感して頂けるでしょう。
生演奏を間近で見ると迫力が凄いですよね。

 

特にオープニングアトラクションや余興での和太鼓の生演奏はお客様の注目を集めます。
注目を集めたい時、例えば国際展示会や製品発表会などでも効果的です。

 

 



海外の方、お子さん、女性、年配の男性も一手に注目します。

周年記念イベントでの和太鼓演奏は毎度大変好評を頂いています。
「思ったよりコストもかからない」と、お問い合わせも多く頂戴しています。

お問い合わせはメールフォーム、お電話どちらでも構いません。
http://on-tsu-do.com/contact-2

わからないこと、危惧していることなど、ご不明点はお気軽に!

Copyright© on-tsu-do All Rights Reserved.

〒134-0085 東京都江戸川区南葛西2-2-8 702
電話:03-6875-4541(代表) Mail:info@on-tsu-do.com