2018年04月02日

イベント 演奏依頼

新年度の幕開け!
今日もいい天気ですね!
本年度も音通堂はお客様がびっくりするような企画盛りだくさんで突っ走って行きたいと思います。

最近のイベント演奏の動向

音通堂も気づけば6年以上になりますが、この長いようで短いスパンの中でもお客様が求めるイベント余興の演奏のスタイルは変化していると感じます。
例えば、昔は「歓談中に30分用意したから三味線弾いて!」みたいな依頼が多かったのですが、最近は「オープニングの演奏と歓談中の演奏に和楽器を入れたい!」
といったような、イベントをトータルして演奏依頼をされる方が多いです。

 

最近人気のアトラクション、余興演奏

 

一時期外国人のお客様のパーティーでの演奏が多かったイメージがありましたが、そんな外国人の「和楽器好き」に触発されてか、日本人パーティーに呼んで頂くことも多くなりました
元々日本人のお客様向けに始めた会社なのでとても嬉しいのですが、日本人にしろ外国人にしろ人気が高いのは「和太鼓と津軽三味線」の組み合わせです。
オープニングは和太鼓と津軽三味線のコラボでド派手に、乾杯の時は和太鼓で拍手を煽り、歓談中はお客様の会話を邪魔しない音量で三味線の演奏を楽しんで頂くといった具合です。

和楽器がイベントの価値を上げる

 

よく弦楽四重奏の生演奏がフレンチのコース料理の最中に聞こえてくるといった演出を目にする方も多いと思いますが、ここ日本においては和楽器の方が高い付加価値を提供できます。
それは、演奏者の絶対数が圧倒的に少ないことが挙げられます。
もちろん余興のみの演奏依頼も大歓迎ですが、せっかくなのでイベント全体の価値が上がるような演出を考えてみてはいかがでしょうか?
バンバン提案させて頂きますよ!

 

2018年03月28日

匹田大智 変幻自在のトリックスター 津軽三味線

異彩を放つ若き天才

 

津軽三味線奏者、匹田大智はパッと見た感じ、いわゆる「伝統的でかしこまった演奏者」という和楽器奏者のイメージとは真逆の様相を呈しています。
曲の中で自由にテンポを変え、時にブレイクし、ゆっくりとしっとりと演奏したかと思えば物凄い超絶技巧パッセージを繰り広げます。
これは目の前にいるお客様の感情を瞬時に察知して感動させようとして演奏している、ライブならではの高等テクニックなのです。
イベントの余興で盛り上げが欲しい時は彼が最高の仕事をしてくれますよ!

一見自由に演奏しているだけに見えるが、、、

型にとらわれない独自の演奏を追求しているように見える彼の演奏ですが、勿論闇雲に自己流を追い求めているわけではありません。
なんせ彼は伝統的な奏法を競う津軽三味線の全国大会で優勝の経験を持つ、とてつもない経歴の持ち主でもあるのです。
しっかりと型を修めたからこそ、そこからどうやって脱却していくか、どうやって次のステージに行くのかという段階に行けるのですね!

トークは下手だが英語は上手い!

そんな匹田君ですが、残念ながらトークはあまりうまくありません。いや、どちらかというとヘタクソですww
快活でひょうきんなキャラにも関わらず何故か真面目にトークしようとします。
長年お付き合いしている僕にもその理由はわかりませんが、、
ただ英語トークはお手の物で、外国人のお客様が集まるパーティーでは無双状態です。

EDM系や打ち込みとの演奏に強い

元々クラブミュージックが好きな彼は自身の活動においてもEDMと津軽三味線のコラボが有名です。
イベントのオープニングやアテンションで大音量のクラブミュージックと共に三味線が流れて来たらかっこいいですよね!

 

2018年03月19日

太鼓 プロジェクションマッピング イベントのオープニングに

昨今多くのご依頼を頂いている和太鼓×プロジェクションマッピング
パーティーやイベントのオープニングにはぴったりの演目です。

実施時間は5分程度

 

太鼓の面と背景にプロジェクタを使って様々な効果を照射します。
オープニングでの演目ですので時間は5分くらいが多いです。
あっという間に終わってしまうイメージですが、長すぎると飽きが来てしまうので、ピシッと終わるのがかっこいいですね。

 

準備には3時間以上かかる

 

プロジェクタの設置位置、照射位置の設定や角度の設定は非常にシビアで、細かい作業が求められます。
演出自体は一瞬で終わってしまうのに、準備にはその何十倍もの時間がかかります。
実施をお考えの際は、この準備時間も念頭において貰えればと思います。

 

企業ロゴなんかも反映します!

 

事前にロゴやメッセージなどのご指定があれば、そのデータをいただき、演出に反映させてもらいます。
ただ、全てのご要望に対応できるわけではありません。
音通堂のプロジェクションマッピングは演出方法を限定することによって料金を極限まで下げていますので、やりたいことと出来ること、この辺は打ち合わせでの擦り合わせが必要です。
https://youtu.be/-ilyztUGNfY

 

2018年03月13日

津軽三味線 超絶技巧と笑いの求道者「柴田三兄妹」

津軽三味線を演奏している人や津軽三味線ファンの中で知らない人がいないのがこの柴田三兄妹です。

 

大会を荒らす柴田家

柴田雅人、柴田佑梨、柴田愛の3名はかつて「大会荒らし」で有名でした。
3名合わせて大会で優勝すること延べ40回以上!
運営から「もう来ないで」と言われたとか、言われてないとか。。

 

超絶技巧と息の合った演奏

 

そりゃ世界一上手な三味線弾きがしかも兄妹なのですから、息ぴったりの演奏を楽しむことができます。
もちろん演奏クオリティはその誰もが認めるレベル。
歌なんかも歌ったりして、コンサートやイベントではめちゃくちゃ盛り上がります。

 

なぜか「笑い」を追求している

 

大会を制しまくり、さぞかし真面目な演奏会が多いのだろうと思いきやその逆で、彼らは何故か「笑い」を取ることに全力です。
おいおい、お笑いの枠にまで入ってくるのか!
特に兄の柴田雅人は三味線を極めたことによる達成感からか、笑いの求道者となりつつあります。
今彼は、イベントやコンサートでのトークこそが主戦場だと思っているのかもしれません。
たまにPS4を抱えて僕の家に遊びにきますが、しっかりパジャマも持ってきます。

 

東京で気軽に楽しめるチャンス

 

彼らが所属している「疾風」というユニットのコンサートPRのため、今度18日に下北沢の「field」という所でライブをするそうですよ!
この日は兄はお休みで妹二人「ゆりあい」として演奏するそうですが、彼女らの演奏と笑いに対する情熱を気軽に見ることができます。
お時間ある方は是非遊びに行ってみては!
チケット余ってるかどうかは知りませんがww

 

ゆりあいライブ vol.12~2018年もよろしくお願いします!~



日付●2017年3月18(日)

時間●14:30開場/15:00開演

料金●全席自由 2500円 1ドリンク 500円

場所●下北沢カフェ&バー cafe/field

住所:東京都世田谷区代沢5-33-3
ボート代沢1A

2018年03月12日

津軽三味線「輝&輝」の魅力 3月4日ワンマンライブレビュー

女流三味線デュオ「輝&輝」が先日、都内ホールでワンマンライブを行いました。
僭越ながらご招待を賜り、お邪魔して来ました。

 

客層を捉えた構成

 

どんなアーティストも全ての人を幸せにすることは不可能です。
だから「選択と集中」が必要なんですよね。
でもそれをしっかりと実践しているアーティストは多くはありません。
しかし輝&輝は客層をしっかり捉え、その人たちが深いレベルで幸せになれるよう工夫していました。
いつの間にそんな大人になったんだ!!おじさん泣いちゃうぜ!

 

個人的に大好きなよされ節

 

よされはヤバかった。あれはもっと世界中の音楽好きが注目すべき、最高の現代音楽だと思います。
僕のような難解な音楽が好きな連中は一定数います。なんなんだあの宇宙のような曲は。
もう、最高でしたね!おじさん泣いたぜ!

輝&輝を通してアーティスト成長戦略を描く

 

彼女たちは大きな舞台に立って一度に大勢からの注目を浴びたり、誰もが知っているイベントやコンサートに出演するタイプのアーティストではありません。
本人達には失礼かもしれませんが!
でかいフェスのトリを飾ったり武道館で花火特効を駆使した1万人ライブをすることだけがアーティストのゴールではないのです。
アーティストには楽曲やルックス、トークや立ち振る舞いにそれぞれの「世界観」があります。
アーティストの数だけ各々の世界観があるのです。
だからそれぞれのフィールドで勝負すればいいのです。

 

輝&輝は間違いなく「身近に寄り添うアーティスト」だと思います。
30人とか、50人とか、そういった規模のライブで彼女達はその真価を発揮すると思います。
彼女達はそのフィールドで近々1番を獲るでしょう。
ますます楽しみですね!
音通堂ともたまには一緒にお仕事してね!

 

 

 

 

 

Copyright© on-tsu-do All Rights Reserved.

〒134-0085 東京都江戸川区南葛西2-2-8 702
電話:03-6875-4541(代表) Mail:info@on-tsu-do.com