2018年08月10日

イベント・パーティーの余興 サプライズ

先日、初めて「お箏を使ったプロジェクションマッピング」を実施しました。
音通堂としても初めての試みでしたので、今まで温めていたアイディアをいろいろ試してみたのですが、
当日行ってみると「お客様へのサプライズとして実施したい」ということでした。

 

サプライズで和楽器演奏

 

そういえば今までお邪魔した案件の中にも「サプライズで!」という依頼はちょいちょいありました。
襖が開いた瞬間に三味線演奏!とかもありました。
イベントやパーティーなどでたくさんのお客様や関係者が出入りするとなると、「いかに直前まで隠密に行動するか」というのも重要になってきます。
密かに準備して息を潜めて待ち、時が来たら一気に出てパフォーマンス!まるで忍者ですね!

 

ということでお箏を使ったプロジェクションマッピングの様子はこちらをご参照ください。
http://on-tsu-do.com/past_performance/3364

 

 

2018年07月30日

メール障害のご案内

現在、音通堂メールサーバーの障害によりメールの送受信ができない状況となっております。
管理会社経由で原因の究明にあたっていますが、お急ぎのお客様におかれましてはお電話03-6875-4541か、Facebookページよりメッセージをお願い致します。

 

お取引各方面の皆様がたにはご不便、ご迷惑をおかけしますが何卒よろしくお願い致します。

山田淳平
090-1306-0543

 

2018年07月09日

津軽三味線 女性奏者ユニットが活躍できる理由

津軽三味線の演奏者は圧倒的に男性が多いのをご存知でしょうか?
なんとなく「津軽三味線は男性」のイメージを持たれている方も多いと思います。
まぁ、そのイメージはかくいう僕も持ってました。
だって、音色や演奏する姿が力強いというか、とても男性的じゃないですか。
やっぱ男性が目一杯腕を振り下ろして津軽三味線を演奏する姿はカッコイイですよね!

 

でも、女性の津軽三味線奏者もいるんです!ユニットで活動しているものもいます。ただし、すごーく希少な存在ですが。。。

 

女性奏者は男性にはない魅力でいっぱい

 

音通堂にも複数の女性津軽三味線奏者が所属していますが、男性に比べるとその数は絶対的に少なく、民謡界を除けばアーティストとして活躍している女性津軽三味線奏者は全国に20人もいないのではないでしょうか。
しかし、その希少性もあいまって企業イベントやパーティーの余興には引っ張りだこです。

 

輝&輝は「かっこいい女流三味線」

ロックな演奏が醍醐味の輝&輝は、パーティーの余興はもちろんオープニング演出にも最適です。

 

北村姉妹は「かわいい女流三味線」

確かな技術とは裏腹に、お客様をキュンキュンさせるこの2人は、パーティーの余興や外国人イベントに人気です。

 

ゆりあいは「アットホームな女流三味線」

世界最高峰の技術をもちながら、アットホームで笑いが起きるステージが人気です。

 

音通堂女性津軽三味線奏者のオールスターユニット「すず音」

輝&輝、北村姉妹、ゆりあいの3つの女性津軽三味線ユニットが一同に会す、音通堂スペシャルのユニットです。
動画のように、ダンスミュージックなんかとも一緒に演奏できるので、幅広い場所でイベントのアクセントになります。

 

2018年06月24日

インバウンド(訪日外国人)パーティーを盛り上げる!

先日、幕張メッセにて企業の社員旅行を兼ねたレセプションパーティーが行われ、香港から2000名以上の方の前で和太鼓の演奏をしてきました。
こういった大規模なイベントが外国人主導のもと、日本で行われるということは昨今の時代の流れを感じずにはいられません。

 


ということで、インバウンドの方々のパーティーでの鉄板演奏を紹介します!

 

太鼓演奏で盛り上げる!

 

和太鼓演奏は音色の迫力ももちろんのこと、やはり外国人の方の目を引くのはフォーメーションの妙と一糸乱れぬバチ捌きです。
医療系、IT系の集まりでは知的好奇心の高い方が多いので伝統文化を背景にした荘厳さや歴史の重みのような世界観を、中華系、アジア系の方が多い場合や旅行で来た方には和太鼓が持つ迫力や派手な部分をフィーチャーしてあげると刺さります!

 

尺八と箏はBGMに最適!

 

古くからあるこの組み合わせは立食で自由に他の方とトークをするスタイルの多いパーティーのBGMに最適です。
日本以外でこのBGMに出会うことはほぼありません。
女性の着物の美しさ、所作の美しさを写真におさめる人が多くいます。

 

津軽三味線は余興として行うべし!

 

ステージの照明を明るくして余興として20分程度楽しんでもらうなら津軽三味線が人気です。
津軽三味線は聴きながら拍手したりするちょっとした「ルール」のようなものがあり、これを体験すると日本文化に直に触れることができます。
また、津軽三味線はカッコよく演出することも出来れば、アットホームな演出でワイワイすることもできるのでシーンによって使い分けることができる、汎用性の高い楽器でもあります。

 

2018年05月30日

ホテル宴会場 演目に必要なステージサイズ

ホテルの宴会場でイベントを行うのだが、どれくらいのステージサイズを用意すればいいのか、、
よくこのようなご相談を頂戴します。
今回はおおよその目安ですが、和楽器演奏に必要なステージサイズをご紹介します。

 

和太鼓の場合

 

和太鼓演奏では沢山の太鼓を持参するので演奏者が2、3名と少ない場合でも余裕のあるステージサイズが望ましいです。
おおよその目安で言えば、3名演奏くらいまでは幅7m20cm程度、奥行きは3m60cm程度あればステージサイズと太鼓のバランスがいいと思います。

 

津軽三味線の場合

 

津軽三味線は椅子とマイクが設置できればいいので和太鼓ほどスペースを必要としません。
1番多いのが2名での演奏ですが、最低3m60cm程度の幅があれば2名の演奏者が横並びで演奏できます。
奥行きは1m80cmあれば一通りの機材が乗っかります。

 

箏の場合

 

箏の横幅は約1m80cmあります。これをステージ上でやや斜めに設置します。
こちらもまた2名の演奏が多いですが、ステージがあまりに小さいと箏の存在感が大きすぎてスペースが足りず、こじんまりとした感じになります。
2名演奏でおよそ横幅5m40cm程度、奥行きは3m以上は欲しいところです。

 

少しの工夫で一気に華やかな雰囲気に!

 

太鼓演奏の場合は不要ですが、三味線や箏の演奏がある場合、ステージの後ろに金屏風があると一気に華やかになります。
ホテル宴会場では金屏風の貸し出しをしてくれるところが多いので、担当の方に一度聞いてみるのをオススメします。
また、ステージの床にパンチ(絨毯)が敷いてあると高級感が増します。
それと同様にステージの「高さ」のところにカーテンのようなもの(通称スカート)があると、骨組みだけの無機質な感じを隠せて高級感が出ます。
ステージ作りの際の参考にしてくださいね!

 

 

Copyright© on-tsu-do All Rights Reserved.

〒134-0085 東京都江戸川区南葛西2-2-8 702
電話:03-6875-4541(代表) Mail:info@on-tsu-do.com