2019年05月28日

クライアントの雑務を少しでも軽減させたい! Youtubeのパワー

音通堂は企業のイベントや発表会、表彰式、懇親会、パーティーを中心に出張演奏として一流の演奏者たちの生演奏を体験してもらうという取り組みをしていますので、お客様の大半が企業です。いわゆる「BtoB」ですね!

ある日突然懇親会の担当幹事に任命される

 

しかし懇親会やパーティーを専門に取り扱う社内部署なんて普通ありません。
なので一般的には総務や広報の方の中から臨時的に任命されます。
ホテルを押さえ、来客者リストを作成し、料理や時間のことを打ち合わせしたりと様々な雑務があります。この大変さはやった人であれば絶対わかるはずです。専門の業者があるくらいですからね!

 

中でも余興や演出という「エンターテイメント」の話になってくると、もう専門外すぎて手がつけられない方が多いのです。
どんな演出をすればいいのか、どれくらいの費用がかかるのか、何を用意すればいいのか、そもそもこの演出は盛り上がるのか、この余興は楽しめるのか、などなどわからないことだらけです。

 

Youtubeの活躍

 

音通堂Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC3jWW2ZTp9CnBthoqeQ0nAw

 


ご縁があって音通堂に余興やオープニング演出の依頼をして下さった方からは、まさにそんな手探りな状況が電話やメールからひしひしと伝わって来るのです。私達も必死に説明します。
でもやはりエンターテイメントの効果を口で説明するのには限界があります。
太鼓の迫力や津軽三味線の超絶技巧を口だけで説明出来たら、もうその人は詩人です。

 

というわけで百聞は一見にしかず!
お客様にエンターテイメントの提案として動画を見て頂きます。
やはり動画の力は偉大ですね。打ち合わせがスイスイと進んで行きます。

 

といった形でクライアントとのイメージの共有を目的としてステージ演奏を録画してYoutubeに載せたのがきっかけで、「音通堂Youtubeチャンネル」はスタートしました。

どうすれば「伝わる」か

 

なのでチャンネルの登録者数や再生回数の数字は一切追わず、しかしながらステージがあれば出来るだけ録画するようにして事例を増やし、クライアントのイメージに合う動画が紹介出来るようにせっせとやってきました。
動画作りって大変なんですよ!5分の動画を編集するのに6時間くらいかかります。慣れた作業でもそれくらいです。

 

しかも音通堂はスタッフの時間さえ許せばたとえ1名の演奏でも2名のスタッフが現場へ帯同します。
演奏者周りのケアや不測の事態に臨機応変に対応するマネジメント的側面もありますが、カッコイイ動画を撮影するという使命もあるのです。

 

三脚にカメラを固定して定点で撮った動画を流してもクライアントには雰囲気こそ伝わる可能性あれ、臨場感や迫力は伝わりません。なので人間が実際被写体を追って撮影し、それをうまく編集する必要があるのです。
そうやって作った動画をカテゴリ別に分けてアップロードし、打ち合わせの初期段階などに活躍させていきます。

 

そうやって撮り溜めてきた動画がなんと400本以上!これは我ながらすごい数字だと思います。
これだけあればクライアントに様々な提案も出来るし、イメージの共有に役立ちます。

世界中の和楽器ファンが訪れるように

そんなクライアント向けのチャンネルですが、動画をアップしているとちょくちょくと外国人の和楽器ファンがコメントを書いてくれることがあるんです。
そして彼らがチャンネル登録をしてくれたりして、気づけばもう少しで登録者数が1,500人になろうとしてる!
これもびっくりです!
もちろん何千何万と登録者数を誇るチャンネルに比べればごくごく小さい数字だと言われますが、とても励みになります。

 

基本的にはただ演奏ステージを記録したものをアップロードしていますが、和楽器ファンの方たちにも喜んで頂ければ嬉しいです。

 

Copyright© on-tsu-do All Rights Reserved.

〒134-0085 東京都江戸川区南葛西2-2-8 702
電話:03-6875-4541(代表) Mail:info@on-tsu-do.com