2018年10月12日

アイドル自殺訴訟

愛媛のご当地アイドルの方が事務所からのハラスメントにより自殺に追い込まれたとして、遺族の方が所属事務所を提訴しました。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181011-00008675-bengocom-soci

 

ご本人と遺族の方につきましては慎んでお悔やみを申し上げます。

 

弊社音通堂も数々の演奏者、アーティスト、パフォーマーの方たちと業務を行う立場上、このような事件はとても他人事とは思えず
今まで以上に適切に業務を遂行するために契約や業務にあたる事前説明など、やらなければいけないことをしっかりやっていこうと
身が引き締まる思いです。

 

演奏家の方達へ:契約に関しては絶対身近な人に相談すること

 

演奏家は大半が個人事業主ですので請負契約や業務委託契約を締結することが多いと思います。
案件ごとに契約する場合もありますし、1年や2年程度の期間で契約することもあります。
そういった契約を経験している演奏家の方達も多いと思いますが、内容をしっかり把握した上でハンコを押している方もいれば、
そうでない方もいます。

 

なんとなく書いてあることが難しい、字が多くて読む気になれない、読んでも理解できないといった理由で契約書をしっかり読まなければ、
後でトラブルの火種になってしまいます。
内容を把握できない場合は必ず保護者の方や親族、先輩、友人など信頼のおける人に相談して下さい。

 

自分を守れるのは自分だけ

 

ほとんどのエージェンシーやプロモーターは演奏家、アーティストの利益を第一に考えて不備のないきちんとした契約内容を準備していると思いますが、
演奏家がちゃんと契約内容を吟味しないことをいいことに事務所側が有利になるような酷い内容の契約を持ってくるケースもあるかもしれません。
この度の事件のようなケースは全体のごくごく一部だとは思いますが、契約締結を最終的に判断するのは演奏家自身です。
演奏家の方達には知識と経験、相談を駆使して自分で自分を守るよう努めて頂きたいと切に願います。

 

相談して下さい

 

契約締結に関して周りに知識や経験のある人がいない、書いてあることが理解できない場合は、(演奏やアーティスト活動に限ってではありますが)
音通堂に是非相談して下さい。できる範囲で最大限サポートさせて頂きます。もちろん費用は一切かかりません。
芸能活動や著作権、肖像権を専門とする弁護士を紹介することもできます。
トラブルの渦中にいる方は専門の弁護士と解決することをおすすめします(弁護士費用は実業務に応じて直接相談してくださいね)。
弁護士費用に関する相談も無料で受け付けています。
演奏家、アーティストの方で契約の諸問題に悩んでいる方は是非ご連絡ください。

 

 

Copyright© on-tsu-do All Rights Reserved.

〒134-0085 東京都江戸川区南葛西2-2-8 702
電話:03-6875-4541(代表) Mail:info@on-tsu-do.com