2016年05月24日

琴(箏)の演奏依頼 楽器名の違い

普段琴について書かせて頂いている時、音通堂では「琴(箏)」と表記させて頂いております。
最初の「琴」という字には見覚えもあるかと思いますが、実は日本の伝統楽器の「コト」を指す場合は「箏」という字を用い「ソウ」と読んだりもします。

 

琴(箏)には色々種類がある

厳密に言うと「琴」という字を充てた場合には西洋のハープのようなものを指すらしいです。
演奏者で箏の事を「琴」と書く人間はおりませんが、「箏」という字はあまり馴染みがないですよね。
一般的な箏は13の弦が張ってありますが、17の弦を張っているものや25もの弦を張っている箏もあります。

 

人気の琴(箏)ユニット組み合わせは

演奏依頼で最も多いのは一般的な箏に17絃、そして尺八を入れた3人組によるアンサンブルです。
この編成の場合、古典的な音楽は勿論現代的な音楽やポップスにも対応できますので、余興やアトラクションにはもってこいの編成となります。
多くの演奏者は女性奏者ですが、若手奏者の振袖姿は外国人のお客様や世のおじさま方には大変喜ばれます。

 

 

Copyright© on-tsu-do All Rights Reserved.

〒134-0085 東京都江戸川区南葛西2-2-8 702
電話:03-6875-4541(代表) Mail:info@on-tsu-do.com